yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

那覇のおすすめスーパー銭湯【CABIN&HOTEL ReTIME】

f:id:yasu843:20200226132707j:plain

こんにちは、やすです。

 

先週は那覇に旅行に行ってきました。

 

そこで泊まったホステルが良かったので、皆さんにも紹介します。

 

 

 

場所

 

 

f:id:yasu843:20200226132707j:plain

 

場所は那覇空港からモノレールで10分の旭橋駅から歩いて3分のところにあります。

 

空港からでも20分もあればついてしまうので、フライト前後に泊まるのにもよさそう(^^♪

 

さらに国際通りや第一牧志公設市場、ナイトスポットの松山まで徒歩15分以内なので、短期の観光でもいいですね。

 

コンビニや飲食店歩いてすぐの場所にあり、夜に到着しても困ることがないのがうれしいです。

 

部屋

 

f:id:yasu843:20200226132728j:plain

f:id:yasu843:20200226132839j:plain

f:id:yasu843:20200226132527j:plain

 

部屋はカプセルタイプとデスクが付いたキャビンタイプ、個室もあります。

 

ぼくが泊まったのはデスクが付いたキャビンタイプで、約3300円でした。

 

カプセルタイプの部屋は長期で滞在している人や、近くで働いている人も多く泊まっていました。

 

フロントで回数券が5枚で1万円で売っていましたが、ネットで予約したほうが割引やポイントが付くのでいいと思います。

 

たぶんマンスリー契約ではもう少し安くなるでしょう。

 

トイレ

 

f:id:yasu843:20200226132610j:plain

f:id:yasu843:20200226132646j:plain

f:id:yasu843:20200226132630j:plain

 

トイレは各階にありました。

 

さらに洗面台には髭剃りや歯ブラシなどのアメニティが豊富にあり、化粧水や乳液もあったので、女性の方にはうれしいですね♪

 

もちろんウオッシュレットもついており、多少狭さは感じましたが、清潔さや快適さでは上位に入ると思います。

 

共有スペース

 

f:id:yasu843:20200226145206j:plain

 

共有スペースはフロントがある1階と、自由に漫画本が読める2階にもあります。

 

おすすめは2階でスーパー銭湯みたいに使うこともでき、入浴だけでもゆっくりすることができます。

 

1階はパソコン作業に適している大きな机があり、朝食も600円払えばこのスペースで食べることができます。

 

しかもパンが食べ放題なので、食費を浮かせたい人は朝にガッツリ食べるのもいいでしょう。

 

大浴場

 

f:id:yasu843:20200226145212j:plain

 

大浴場は2階にあり、5人くらいがゆったりと入れる湯舟とサウナがあり、シャワー室も1室あります。

 

お風呂は24時間はいることができるので(深夜の時間やチェックアウトの時間に清掃が入る)、ノマドやスーパー銭湯代わりにも使えます。

 

まとめ

 

那覇は観光客が多く物価が高い傾向にあるので、お土産を買いたい人や、おいしい沖縄料理を食べたい人、できるだけホテル代を節約したい人におすすめです。