yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

チェンマイのおすすめアパート【Puwanon Place】

f:id:yasu843:20191220212342j:plain

こんにちは、やすです。

 

4ヵ月住んだチェンマイともお別れをして、日本に戻ってきました。

 

ぼくがチェンマイで3ヵ月実際に住んだアパートを紹介します。

 

外国人でもパスポートと前家賃1ヵ月分あれば誰でも借りることができ、早くて翌日から簡単に住むことができます。

 

ホテルとしても利用可能なので、家具付きなのがうれしいですね。

 

では、紹介していきます。

 

 

場所

 

 
場所はセントラルカードスアンケーオから徒歩10分、MAYAから徒歩15分の場所にあります。
 
また歩いて3分のホイケオ通りまで出れば、セントラルフェスティバル・エアポートプラザ・空港・ターペ門・ナイトマーケットまでバス1本で行けるので、立地的には最高です。
 
周りには同じような長期滞在の外国人が住んでいるアパートが多く、近所には外国人向けの食堂やカフェが多くあります。
 

家賃

 

家賃は月5500バーツで+水道代300バーツ・インターネット200バーツ・扇風機100バーツの6100バーツでした。

 

あと電気代が別なので、使った分だけ払います。

 

平均の電気代は600バーツくらいでした。

(エアコンは暑い時に30分くらいつける程度)

 

他にも5000バーツの部屋やで、、6000バーツのツインの部屋もあるので、カップルの方にもおすすめです。

 

部屋

 

f:id:yasu843:20191102181616j:plain

f:id:yasu843:20191102181632j:plain

f:id:yasu843:20191102181551j:plain

f:id:yasu843:20191102181530j:plain

f:id:yasu843:20191102181509j:plain

部屋にはエアコン・冷蔵庫・電子レンジ・布団・バスタオルがついていたので、引っ越し初日から何不自由なく生活できました。

 

ぼくが住んでいた部屋は最上階の角部屋だったので、深夜まで建物の熱がこもり、外よりも暑かったです。

 

しかし、12月に入ってからは逆に温かくて過ごしやすかったです。

 

おすすめ点

 

・外国人が多く住んでいたので、住みやすかった
・日中はフロントに人がいるので、飲み物が買える
・敷地内に洗濯機と飲料水の自販機があった
 

 など生活に必要なものはすべて揃ってます。

 

この一帯は長期滞在の外国人ノマドが多く住んでおり、ほとんどの場所で普通に英語が通じました。

 

またニマンヘミンやターペ門周辺の観光地よりも、物価が安いことも大きいです。

 

残念なところ

 

唯一残念なところは、近くにマーケットがなく、自炊する場合には不便なことが多々ありました。

徒歩10分でTOPSがあるけれど、野菜など市場の2倍以上の値段なので、ほとんどは近くのmakroまで買い出しに行ってました。

 

チェンマイで自炊するなら、マーケットの近くに住むかバイクがないと、野菜や肉は手に入るけれど、割高になってしまいます。

 

まとめ

 

チェンマイで実際に住んでいたアパートを紹介しました。

 

チェンマイでは宿泊費も安く、1ヵ月6000バーツで1泊500バーツくらいの中級ホテルの部屋が借りれます。

 

もし2週間以上滞在するなら、マンスリー契約にしたほうがお得なので、チェンマイに長く暮らす予定の人は参考にしてもらえたらうれしいです。

 

ちなみにチェンマイのドミトリーは1泊100バーツ台でも快適なことろが多いので、宿泊費を節約したい人はドミトリーでもいいでしょう。

 

www.yasu-kaigai.com

 

www.yasu-kaigai.com