yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

自分の時間を作る方法

f:id:yasu843:20191218223310j:plain

こんにちは、やすです。

 

突然ですが、あなたは1日にどのくらい自分の時間がありますか?

 

社会人の方は3時間もあればいいほうだと思いますが、忙しい人は1時間もないという人もいるでしょう。

 

果たして本当にそうなのでしょうか?

 

自分の時間とは、

 

・朝起きてから出かけるまでの時間
・毎日の通勤の時間
・会社での昼休みの時間
・家に帰ってきてから寝るまでの時間
 
が多いです。
 
自分の時間がない、と言ってる人ほど新しいことに挑戦することに対して後ろ向きで、現状維持を望んでいる傾向が強いといえます。
 
そこで今回は忙しい毎日の中で自分の時間を作り、副業や将来の為の勉強や、趣味の時間を増やせるように「時間の作り方」を紹介していきます。

 

 

1日24時間は全ての人に平等に与えられる

 

人は生まれながらにして平等ではありません。

 

裕福な家に生まれた人は、好きなものを買ってもらえお小遣いも多く、大学に行くのにも奨学金を借りる必要もなく、仕送りも貰えるためバイトをする必要もありません。

 

一方、貧乏な家に生まれた人は、お小遣いもほとんど貰えず、私立の学校に行くこともできず、大学に通うために奨学金を借りなければいけません。

 

社会に出てから何年もかけて奨学金を返していかなければいけません。

 

このように人は生まれながらにして不平等だけれど、1日24時間はお金持ちにもホームレスにも平等であるのです。

 

この24時間の使い方が、人生を左右するといっても過言ではないでしょう。

 

なぜ成功者は時間の使い方がうまいのか?

メモを取る

 

こんなこと当たり前だと怒られそうですが、今の頭の中の必要な情報を紙に書きだし、その空いたスペースにまた新しい情報を入れることができます。

 

人間の脳は記憶できることに限りがあり、常にいっぱいだと新しい情報が記憶されず、損をしてしまいます。

 

例えば明日の予定や、やることを前日の寝る前にメモに残せば、翌日は朝起きてからすぐに取り組むことができ時間の効率化にもつながります。

 

他にも日常で出てきたアイディアや、やらなければいけないことなど、メモに残しておけば、時間が空いた時に確認することができます。

 

時間の確保にお金を使う

 

成功者ほど時間にお金を使っています。

 

例えばあなたは定期券の範囲で1時間の満員電車に乗るか、+1000円払って指定席に乗るか?という時どちらを選択しますか?

 

多くの人は定期券の範囲で行ける満員電車に乗ると思いますが、実際には1時間1000円払って、自分の時間を確保した方がいいことになります。

 

お金持ちや成功者はこのようにして自分の時間を作り出しているのです。

 

睡眠時間は毎日8時間きっちりとる

 

ホリエモンに代表されるように、忙しいのに毎日の睡眠時間を確保できる人に限って成功している人が多い印象が強いです。

 

睡眠時間を削って時間を確保すると、昼間に眠くなることがあり集中できないため効率が下がり、だらだらと仕事をするハメになるので、集中して短時間で終わらせるほうがいい。

 

 

私はどこかの会社に雇われている身ではないので、時間設定は自由だ。もちろん約束が入っていればその時間は拘束されるが、朝はゆっくり寝ていたいので大抵は昼過ぎから予定を入れる。私の中で睡眠はそれくらい大事なこと。最低でも8時間は寝たいところである。

 

というのも、たまたま昨日長い文章を暗記しなければならなくなって30分くらいで1ページ丸暗記したのだが、まだまだ記憶が昨日の段階では不安定だった。しかし、今日8時間寝て起きてみたらあら不思議。綺麗に記憶できてる。スラスラ出てくるのだ。やっぱり睡眠は長期記憶にかなり関係していると体感したのだった。

 

              六本木で働いていた元社長のアメブロより

 

 


それは睡眠時間以外のほぼ全てを仕事に使っていないということじゃないかと。


今は違うが、当時は食事の時間も勿体無いので1Fにあるファミリーマートから弁当やら揚げたての惣菜やらを買ってきて食べてた。それすら時間がもったいなくて社員に買いにいかせたこともある。宅配の弁当屋もよく利用していた。

土日も勿論ない。旅行も年に1度行くか行かないか。盆も正月も無い。ずっと仕事であった。デートもしないので、プロセスが省略できるという理由で一時期風俗にはまっていたこともある。風呂に入る時間や髪を切りに行く時間など完全に勿体無いと思って、ほとんど行っていなかった。
果ては家に帰る時間すら勿体無くなって、ずっと会社のベッドで寝ていたこともある。一時期は会社の仮眠室にシャワーまでつけていた。

それくらいやったらほぼ確実に成功すると思うんだよなあ。。。

あ、ここで大事な事はこれを苦しいと思う人は向いていないかもしれないってことだ。私は正直他の何よりも仕事に集中している時間が好きだったし、新しい技術を開発したりするのが面白かったのだ。

 

              六本木で働いていた元社長のアメブロより

 
 
ホリエモンはライブドア時代、家に帰らずに移動時間や食事の時間まで削っても1日8時間の睡眠は確保していたというエピソードがありますね。
 

今日からできる時間の作り方

 

今まではいつも「時間がない」から口癖のように言っていた人でも、以下のことを実践すれば自分の時間を最大限に作ることができますよ。

 

一度に全部やるのではなくて、今日から1つ実践、来週はさらにもう1つと自分のできる範囲でやっていくことが成功のカギとなります。

 

では、紹介していきましょう。

 

移動時間を有効活用

 

多くの人は職場への通勤時間や、営業先への移動時間があると思います。

 

その時間はスマホでゲームをするのではなく、今まで読みたかった本を読んでみたり、youtubeで興味のある分野の勉強するのもいいでしょう。

 

その時間でスケジュール管理や、気になったことをメモしたりしてもいいでしょう。

 

満員電車ではAudibleを使って、音声からの学習をするといいです。

 

睡眠時間はちゃんととる

 

いくら時間がないからといって睡眠時間を削るのは避けたほうがいいです。

 

寝不足の状態だと判断力や記憶力、やる気が減ってしまうので、最低でも7時間は寝ることをおすすめします。

 

もちろん眠くなったら30分程度の昼寝なら効果があるので、積極的にしましょう。

(注:30分以上の深い眠りに入ってしまうと、起きるのがキツかったり、脳が休息状態に入ってしますので、昼寝は長くても30分に留めておきましょう。)

 

SNSやメールチェックは時間を決めてやる

 

1日に何回もSNSやメールチェックをしたいのはわかりますが、時間と回数を決めてやることをおすすめします。

 

SNSやメールチェックは、脳からドーパミンが出てある種の中毒症状があるといわれているので、無意識の内にメールチェックをしている人も多いと思います。

 

これだけでも1日に10分の短縮ができるので、たった10分と思わずにできる範囲で時間を作っていきましょう。

 
時は金なりという意識を持つ

 

先ほども説明しましたが、はっきり言って家に帰ってから自炊するというのも時間の無駄という考えもできます。

 

ぼくの例でいうと、寿司屋で働いていた時には睡眠時間が5時間しかなかったので、家に帰って料理する時間を削って、睡眠時間を増やしていたという事もありました。

 

確かにお金の節約も大事ですが、もしお金に余裕がある人は料理する時間をテイクアウトやデリバリーで済ませ、お金で買ってもいいと思います。

 

目標をしっかり立てる

 

自分の時間を作りたいという人には、なにかしらの目標があるでしょう。

 

資格試験や副業、趣味の時間でもなんでもいいです。

 

目標がないと途中からどうでもよくなっていき、しまいには何のために時間を作っているのかも分からなくなってしまいます。

 

時間を作る前にはっきりとした目標を立て、やりたいことを明白にしましょう。

 
毎日スケジュールを立てる

 

目標などやりたいことが決まれば、自然とスケジュール管理が必要になってきます。

 

みんな平等に24時間流れているので、合格率の低い試験に合格したい場合や、人よりも上に行きたいと思った時には、少しでも多くの時間をその目標に使わなければ、成功はあり得ません。

 

物事の優先順位をつける

 

日常生活の中でやることに優先順位をつけるといいでしょう。

 

例えば

・髪を切りに行く

・試験勉強をする

・友達と飲みに行く

などがあったとします。

 

どれを優先するかは人それぞれですが、友達との飲み会を優先する人が多いと思います。

 

しかし、本気で試験に合格したいなら、試験勉強をするという事を優先的にやらなければいけないわけで、他の選択肢は後回しにするほうがいいでしょう。

 

もちろん友達を飲みに行ったり、髪を切りに行くのも大事ですが、試験が終わるまでは勉強に専念し、その後で友達と飲みに行くという選択肢を取ることが、重要になってきます。

 

あなた自身を変えられるのは、あなたしかいないのです。

 

まとめ

 

現代人はやることが多すぎて時間が無くなりがちですが、隙間時間をうまく利用して自分の為に投資することが、将来の自由への近道にもなります。

 

あなたに合った時間の作り方を実践して、より多くの時間を有効に使ってほしいを思います。