yasuの海外移住計画

リゾバしながら、海外移住を目指します

海外ノマド失敗談【経験者が伝える解決策と最低限の収入の確保が必須】

 

f:id:yasu843:20191216232451j:plain

こんにちは、やすです。

 

現在はタイのチェンマイで生活していますが、大みそかまでには日本に戻り、来年からはリゾートバイトをして活動資金を稼いでいく予定です。

 

確かにタイや東南アジア、東欧では月5万円生活ができますが、はっきりって今の物価では正直ギリギリですし、ビザの更新や移動費にもお金がかかります。

 

そこで今回はこれから海外ノマドをしようとしている人や、ノマド生活の現実を知りたい人向けに

 

・海外ノマド生活での失敗談
・ノマド生活する前に最低限やっておくべきこと
・これから海外ノマドする人にアドバイス
 
をしていきます。

 

 

ぼくの失敗談

目の前のお金を稼ぐのに力を入れすぎてブログをほったらかし

 

貯金が半年分の生活費しかなかったので、目の前のお金を稼ぐこと(ライティングの仕事)を優先していしまい、本来は力を入れるべきブログが後回しになったことです。

 

確かに生活費の確保が最優先ですが、初期の段階では予想以上に1日の生活費(ぼくの場合は2000円)稼ぐのが大変でした。

 

もちろん貯金がある程度あったりスキルがあれば簡単だけれど、ぼくには残念ながらありませんでした。

 

時には4000文字の案件に8時間かかったこともあります。

(その時は1文字0.5円なので時給250円)

 

www.yasu-kaigai.com

 

生活リズムが崩れ次第にダラダラとするよう

 

以前は仕事があるから無理やり起きていたのですが、フリーランスになり自由になってくると毎日寝坊するようになってきました。

 

もちろんこのままではダメだと思い、頑張って朝型に戻そうとしても夜に寝付けないことが多く、結局また昼過ぎに起きてしまうようになります。

 

ダメ人間の代名詞のような行動だけれど、1回崩れた生活リズムを戻すのには早くても1週間はかかります。

 

なので、フリーランスに一番大切なことは「生活リズムを固定する」ことだと断言できます。

 

生活リズムが整って早起きできるようになれば自ずとやる気も芽生え、仕事もはかどっていくでしょう。

 
お金を節約しようとしてレストランにも入れない

 

先ほどもお伝えしましたが、ギリギリの生活費で暮らしていたためにレストラン(タイなのでそこまで高くない)や日本食を食べるのにも躊躇していました

 

ハッキリ言って食べたい時に好きなものを食べることができないことは、予想以上のストレスになります。

 

タイでは月5万円で生活できるといわれいますが、それは海外に慣れている人の場合であって、普通の人は月10万円くらいに設定したほうがいいと思います。

 

10万円あれば毎日好きなものも食べられるし、スタバに行くにも躊躇しないで行けるようになります。

 

「目の前にスタバがあるけど高いから、歩いて10分のカフェに行く」という行為は節約に見えるけれど、はっきり言って時間と体力の無駄遣いです。

 

フリーランスに必要なことは仕事の効率化であり、いかに時間を減らし最大限効果を生み出すかがカギとなっていきます。

 

www.yasu-kaigai.com

 

海外ノマドを永遠に続けるためのコツ

毎月の生活費の確保

 

生活していくためには毎月の生活費が必要になります。

 

海外では日本よりも安いことが多いので海外ノマドという言葉が生まれたのだと思いますが、結果的にどこにいてもやることは一緒です。

 

最低でも1年分の生活費を蓄えておくか、継続した収入が必要不可欠になってきます。

 

お金が精神安定剤にもなるので、預金が目減りしていくことは予想以上に、ジャブのようなダメージが積み重なっていきます。

 
将来の為のスキルアップ

 

毎日の生活費を稼ぐことも大事ですが、このままだと一生目先のお金を稼ぎながら生活していくことになります。

 

何年もライティングの仕事をしていれば、文字単価は上がり余裕で生活費を稼げるようにはなりますが、理想を言うと「不労所得」が欲しいのが現実です。

 

不労所得というのは寝ていてもお金が入ってくる状態のことで、ノマドに人気なのが「ブログ・youtube・note販売」などでしょうか。

 

最初の半年は時給0円ですが、コツコツと積み重ねることで将来の大きな味方になってくれます。

 

毎日のルーティンの確保

 

海外ノマドの始めたばかりの人は、せっかく海外にいるのだからハメを外して観光したいと思う人が大半でしょう。

 

もちろん観光してその体験や情報をブログに書いたりTwitterで投稿するもいいですが、大半は一人での作業が多くなります。

 

一番大事なのは毎日同じ時間に起き、同じカフェやコワーキングで仕事をし、できれば仕事の終了時間も決めたほうがいいと思います。

 

これは簡単そうですが意外とできていない人も多く、初期の段階では最重要事項になります。

 

ある程度お金に余裕が出てきたら、好きな時間に起きたり、好きな場所に旅行したり、パーティーに行ったりしてもいいでしょう。

 

こういうことをやるなとは言わないけれど、慣れるまでは毎日のルーティンを大切にしたほうが将来の為になることでしょう。

 

www.yasu-kaigai.com

 

会社員の時からやっておくべきこと

 

海外ノマドは初心者でも簡単にできますが、できれば今からでも少しずつ積み重ねておきたいこともあります。

 

ブログを始める

 

まずはブログを始めてみましょう。

 

最初は「はてなブログの無料版」でいいと思います。

 

とにかくブログを書くという事と、フリーランスの仕事がどういうものかという事を理解するのが目的です。

 

仕事をしながら最初は辛いと思いますが、頑張って平日は1時間・休日は5時間くらいやってみましょう。

 
自分に合ったやり方を見極める

 

海外ノマドと言っても収入源は様々です。

 

スキルの無い人は仕事が限られてきますが、まずは自分に合ったやり方を探していきましょう。

 

いくら海外ノマドだからといっても嫌いなことはやりたくないですよね。

 
できるだけ貯金しておく

 

海外で生活していれば安心材料は貯金額のみになります。

 

もちろん多いほうがいいですが、最低でも1年分の生活費くらいは持って行くことをおすすめします。

 

海外にいながらも日本の仕事でお金を稼ぐことは出来ますが、最初から稼げるわけもなく、初心者は最初の1ヵ月は頑張っても3万円稼げばいいほうだと思います。

 

今現在稼いでいる人は、数年間の積み重ねがあって現在の地位を手に入れたのであって、誰でも最初から稼げるわけではないことを頭に入れておいてほしいです。

 

www.yasu-kaigai.com

 

海外ノマドでは向いていないこと

 

これはぼくの経験から海外ノマドに向いていない(現在の時点で多額の貯金がある人や収入が多い人は除く)ことを紹介します。

 

あくまでぼくの持論ですので全ての人に当てはまるとは限りませんが、参考までに書いてみます。

 

最低限の生活費で生活する

 

いくら月5万円で生活できるからといっても、それは最低限の生活費であって(東京で10万円で生活するようなもの)万人にできるとは思ってません。

 

確かにタイの物価は安いですが、最近はバーツ高になり物価も年々上がってきているので、月に10万円は見ておいたほうがいいでしょう。

 

物価が安いという事はローカルに近づくという事でもあり、毎日屋台のタイ料理・カフェには行けず屋台のコーヒー・おやつも屋台が中心となります。

 

そんなの簡単だ!と言っている人は、とりあえずやってみるといいでしょう。

 

最低限の生活というのは、豊かな日本社会に慣れた人にとっては難しいかもしれませんね。

 

しょっちゅう移動する

 

移動して新しい街で暮らすことはいいのですが、移動したら新しいカフェや作業場所など、また1から探さなければいけません。

 

確かに同じ町にいると飽きますが、それと同時に生活が板についてきたという表現もでき、1日の移動時間や無駄な時間を最小限に抑えることができています。

 

おすすめなのは2~3ヵ月単位で移動し、月に1回は近場に旅行に行くというのがちょうどいいかと思います。

 
生活リズムが安定しない

 

生活リズムとはノマド生活するうえでは一番大事なことであって、作業の効率化や毎日のルーティンを決める時にも味方になってくれます。

 

移動を少なくしたいのはこのためであって、一度生活リズムが崩れると修正するのは予想以上に大変です。

 

海外ノマドを目指している人へのアドバイス

 

海外ノマドでの失敗談を生かし、これから海外ノマドを目指している人にアドバイスを送りたいと思います。

 

自分の力でお金を稼ぐことは予想以上に大変

 

いままで会社員として働いてきた人は、自分の力でお金を稼ぐという事は予想以上に大変だということを実感するでしょう。

 

例えばITスキルや不労所得があるなら、すぐにでも海外ノマドとして生活することは簡単にできますが、まったくの初心者では苦労すると思います。

 

しかし、その苦労がこれから先の人生には必ずプラスになるので、迷っている人はとりあえずやってみるのもいいでしょう。

 

やってみて無理だったら会社員に戻ってもいい

 

かりに海外ノマドをやってみて自分には向いていないと思ったら、会社員に戻るのも全然ありでしょう。

 

そんなに簡単には戻れないと怒られそうですが、覚悟を決めて真剣に取り組めば会社側も理解してくれると思うし、もし会社が理解してくれないなら時代遅れの会社なので、戻る必要はないです。

 

やってみなければ成功することは絶対にないし、失敗もしないので、興味があるならとりあえずやってみることを強くおすすめします。

 

後悔だけはしないように

 

何事にも真剣に取り組んだ人は自分に自信を持ち、中途半端に生きてきた人はいコソコソしています。

 

何も海外ノマドが偉いわけでも何でもなくて、何かに真剣に取り組んだという結果が自分の人生を充実したものになるのだと断言できます。

 

自分に自信が持てない人は、自分の得意なことに出会えていないことが多く、自信を持っている人はとりあえず挑戦してみて、幸運なことに自分の得意なことに出会っただけの事だと思います。

 

 

これからもこの先の人生後悔しないように、好きなことを見つけては挑戦する心を忘れずに、進んでいってほしいと心から願っております。