yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

マスコミに騙されるな【ボンビーガールから見た視点】

f:id:yasu843:20191121194727j:plain

こんにちは、タイのチェンマイに住んでいるやすです。

 

日本のテレビではボンビーガールが放送されていて、タイをはじめ東南アジアに住んで

みたいという女子が増えてきましたね。

 

しかし、放送内容はメリットばかり移しており、デメリットになるところは、基本的に紹介されていません。

 

今回のテーマは、日本人はマスコミに騙されているという点で、解説していきます。

 

 

ボンビーガールはホントなのか?

 

 
上記に書いてあることは正しいですが、肝心のことが抜けていたりします。
 
確かにタイでは10万円あれば暮らせますが、はっきり言ってバンコクなら生活費だけで10万円はかかってしまいます。
 
下記をご覧ください↓
 

 

毎日タイ料理なら、食費は月に3万円もあれば十分ですが、日本食を食べる場合には(自炊・外食両方)、最低でも月5万円は必要になってきます。

 

バンコクでは日本語だけで働けるのか?

 

正解は働けます。

 

しかし、バンコクで何も技術の無い日本人の若者が、月に20万円稼ぐことは日本以上に大変です。

 

大体月に20万円という事は6万バーツですので、現地のタイ人の約4倍の給料という事になります。

 

このくらいの給料水準なので、仕事は必然的に飲食店のマネージャーか、日系企業の営業職となるでしょう。

 

しかも海外滞在経験のない人が、いきなりタイに来て就職するのはお勧めできません。

 

コールセンターは吹き溜まり

 

最近では、日本の会社のコールセンターを物価の安い海外におき、経費を節約している企業も多く存在します。

 

バンコクにももちろんありますが、給料は月に10万円くらいで、タイ語学校に無料で通える特典もついています。

 

しかし、今のバンコクでは月10万円というのは最低限の生活しかできず、海外初心者にはハッキリ言って厳しいと思います。

 

しかも、コールセンターの職場は、日本でいう底辺労働者の集まりみたいなところで、タイに住む代わりに牢獄に閉じ込められた気分になります。

 

バンコクにはいろいろな日本人が住んでいますが、彼らは最下層の労働者であり、日本でいうとバイトで月14万円といったところでしょうか。

 

何か目的があり、働いているならいいのでが、ただ単にバンコクに住みたいからという理由なら、別の仕事を探すことをおすすめします。

 

マスコミは自社の利益になることしか報道しない

 

最近日本のマスコミでは、韓国に対してやたらと攻撃していますが、実際に韓国でも日本製品不買運動が起こっているのは事実です。

 

しかし、実際に現地に行ってみると、日本人とわかったら片言の日本語を話して歓迎されますし、他国の旅行者よりも日本人を一番に歓迎してくれています。

 

日本のマスコミによる韓国の対応により、まるで日本国民全員が韓国を敵にしようと、報道によって洗脳されています。

 

今混乱中の香港の件も、なんてことない上部の部分だけ放送されており、内部の核心的な内容については一切報道されていません。

 

報道の自由をマスコミによって、国民の知る権利を奪い、政府が国民全員を洗脳させているようにしか思えません。

 

自分の目で見ることが大切

 

このことが嘘だと思ったら、現地に行って実際に経験してみてください。

 

もしけがをしたり殺されても何の保証もできませんが、リアルな世界を見ることができるので、肌で感じるのもいいでしょう。

 

「そんな急に海外には行けないよ!」というみなさんは、TwitterやブログでもFacebookでもなんでもいいので、現地にいる日本人に現在の状況について聞いてみてください。

 

知り合いでなくても喜んで教えてくれると思いますし、何なら仲良くなって現地に実際に会いにいってもいいでしょう。

 

まとめ

 

テレビやネットで配信されている情報は、全て一度関係者が目を通し、OKが出ないと世間に配信されないことになっています。

 

なのでリアルな情報が欲しい方は、現地在住の人のSNSに目を通すのもいいですし、実際に現地に行ってみるのもいいでしょう。

 

マスコミ=都合のいい内容のみの提示となっていることを忘れずに!