yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

【仕事を辞めたい】と思ったら読んでほしい、自分の人生を生きる方法

f:id:yasu843:20191119165203j:plain

現在は何とか会社に行って働いているものの、本音を言うと

・上司がホントに嫌な奴で、顔すらも見たくない
・サービス残業ばかりで給料が低く、この先も不安しかない
・夢があるのに、ぼくの人生はこのままでいいのかな?
 
などという悩みを抱えていませんか?
 
ぼくも以前は、寿司屋で正社員として働いていて、1日の労働時間は17時間で、給料は手取りで20万円を切っていました。
 
そのため休日は寝ていることがほとんどで、自由に使えるお金もなく、毎日次の休みをご褒美に働いていて、なんのために働いているのか自分でも分からなくなっていました。
 
今現在は、フリーランスとしてタイのチェンマイでのんびりとブログを書いたり、Webライティングでお金を稼ぎながら暮らしてます。
 
今はチェンマイにいますが、年末には日本に帰り正月を満喫してから、来年は沖縄でリモートで仕事をする予定です。
 
現在、仕事の関係で悩んでいる人に、ぼくの経験からできるアドバイスと、将来を見添えたお金の稼ぎ方と、お金に余裕がない人には、住み込みの仕事や転職の仕方も紹介していきます。
 

 

 

そもそもなぜ仕事を辞めたいのか?

 

仕事を辞めたい原因は人それぞれですが、ここではその中から退職理由のベスト3を解説していきます。

 

職場の人間関係が悪い

 

仕事を辞めたいと思っている人のほとんどは、実は人間関係が原因です。

職場の人間関係が良ければ、給料が低くても、多少しんどくても職場に行こうと思うのですが、人間関係が悪いと朝起きるのが精神的にきつくなり、会社に向かう足取りも重いですよね。

 

ぼくもそうですが、一度嫌いになった人は、このまま死ぬまで嫌いです。

 

たまに、「険悪な中から親友になった」という人もいますが、ほとんどは嫌いなままです。

 

嫌いな人には近づきたくないというのが本音ですね。

 
給料が低く将来が不安

 

給料が低いのも、離職する原因となっています。

 

他に収入減があればいいのですが、ほとんどの人は会社からの給料のみで生活していることでしょう。

 

昔みたいに、年功序列制度があり、年々給料が上がっていくのならいいのですが、今は年功序列よりも早期退職や、10年働いやっと1万円上がったなど、そういう時代です。

 

給料が低かったらこの先の将来設計や、結婚などにも障害が出てきます。

 

毎日残業続きで身体や精神がしんどい

 

未だに日本の会社は昭和の雰囲気を残しており、長い時間働くことが優秀だと思われていますが、実際にはドイツのように労働時間内で効率よく仕事を終わらせ、家に帰りプライベートの時間を充実させることが現代の働き方です。

 

もし残業時間が長くても、ちゃんと残業給がでて給料が増えるならいいのですが、近年は残業しても給料が出ない「サービス残業」が多いです。

 

仕事の期限が迫っているならわからないでもないですが、仕事がない時には定時で上がりたいのが本音ですね。

 

どうせ悩むならすぐにやめるべし

 

日本社会は転職に対してマイナスイメージですが、近年は転職=キャリアアップと捉え、どんどんと転職していく人が増えています。

 

比較的新しい企業の取締クラスはほとんどが転職組で、給料もけた違いに多いです。

 

悩んでいても何も始まらない
仕事について悩んでいる人は多いと思いますが、結局悩んでいるだけでは現状は何も変わらなので、何かしら行動することをおすすめします。
 
例えば、転職サイトに登録して担当者と話しをしてみたり(ぼくにも経験があるけど、仕事で消耗すると、思考能力が衰え、休日は家でずっと寝ていたいと思うようになります)、ネットでやってみたい仕事を検索してみてもいいでしょう。
 
今の自分の変えるには、自分しかいないので、しんどくてもとにかく何か「行動」することをおすすめします。
 
転職するなら、新しい仕事が決まってから辞めるべし

 

ついに仕事に行くのに限界が来てしまい、一刻も早く転職したいと思っても、新しい仕事が決まってから転職するようにしましょう。

 

なぜかというと、仕事をしていない状況では足元を見られるので、給料や労働条件の交渉ができず、条件が悪くなってしまいがちです。

 

仮に、今現在仕事をしていれば、給料交渉もでき(給料は契約するときにしか交渉できないので、思い切って多く要求しましょう)、よりいい労働環境の職場に就職できる可能性があるからです。

 
世の中には仕事は山ほどある

 

会社員はいつも同じメンバーで仕事をしているので、視野が狭くなり、今関わっている仕事が世の中の全てになりがちですが、世の中に仕事はいくらでもあります。

 

精神と体力に余裕がある時でもいいので、興味のある講演会に参加したり、海外旅行をしたり、昔の友達と会って現状の話を聞いてみたりするのがいいでしょう。

 

必ず新しい発見があり、自ずと自分のすすめべき道が見えてくると思います。

 
 

選択肢を作り、将来を想像する

 

会社を辞めていと思ったらまずは、選択肢を作ってこの先も未来を予想してみましょう。

 

今の会社でこのまま働く

 

このまま今まで通り働き、嫌な人間関係で毎日耐えながら仕事をし、給料はほとんど上がらず、お金もないので結婚もできず、時だけが過ぎていく生活。

 

きっと年を取った時に、何も残っていなく、必ず後悔すると思うので、この選択肢は選ばないほうがいいでしょう。

 
転職する

 

転職するという方法もあります。

 

今の仕事の経験を活かし、同じような業界で働くのか、または昔からやってみたかった仕事をするのか、もう一度学校に通って勉強するところから始めるのか、転職といっても選択肢は多いです。

 

このなかから直観的に、自分が一番やりたいと思ったものを選ぶといいです。

 

自分のやりたいことをやる

 

一番おすすめなのは、自分が一番やりたいことをやるという事です。

 

もしお金が必要なら一生懸命にバイトして稼げばいいし、もう一度何かを学びたいと思ったら奨学金でも借りて学校に通うのもあり、海外に行きたいならワーホリや現地就職も視野に入れましょう。

 

あなたの人生はあなた自身で決めましょう。

 

ぼくの事例

 

ここではぼくの事例をお話します。

 

もともと海外で働きたくて寿司屋で修業することのしたのですが、仕事を始めてから少し経ったときに、「これはぼくのやりたい仕事ではないな…」と思い、退職を決意しました。

 

寿司屋を辞めた理由

 

もともと料理するのは好きでしたので、仕事自体は楽しいものでした。

 

しかし、1日の労働時間が17時間もあり、睡眠もろくに取れないまままた仕事に行き、家に帰ってきて寝るだけの生活は、そのうち身体が壊れると思い辞める決意をしました。

 

その後は何をしたのか?

 

その後は、貯金もほどんどなかったので、住み込みのバイトをし、資金を貯めてからタイに行き、現在もタイでネット経由で仕事をしながら暮らしています。

 

 

現在の仕事

 

今現在は自分のペースで仕事ができるので、1日10時間やることもあれば、3時間しかやらないこともあります。

収入減は主にWebライティングとブログからのです。

独立4カ月目で今の月収は5万円くらいですが、タイなら生活できてしまいます。

 

会社を辞めた後はどうする?

 

いきなり辞めるのではなく、計画を立ててから辞めるのがいいでしょう。

 

仕事を辞め、その後の計画を立てるのにわくわくしてきませんか?

 

その気持ちがあるなら、あなたは大丈夫です。

 

好きなことを好きなだけやりましょう。

 

転職する

 

転職するのがもっとも現実的です。

 

今度は、ブラック企業に入らないように、担当者ともしっかりと話をし、より快適な環境で働くことが望ましいです。

 

定年まで働くかもしれないので、決して妥協はしないでください。

 

とりあえずバイトする

 

やりたいことが特別にない場合、とりあえずバイトしながら、いろいろと探してみるのもいいでしょう。

 

世の中には、あなたには想像もできない仕事や、ワクワクするような仕事もたくさんあるので、探してみるのも一つの手です。

 

気分転換をする

 

気分転換にリゾートバイトをしたり、ワーキングホリデーに行くのもいいでしょう。

 

また、今まで行きたかった国にも行きましょう。

 

今までに見えなかった景色や自分に出会うこともあり、新しくやりたいことが見つかる可能性が高いです。

 

今まで社会人として頑張ってきたので、少しくらい自分にご褒美をあげてもいいと思います。

 

まとめ

 

人生はあなたが思っている以上に楽しいものです。

 

今の環境で悩んでいるなら、すぐに行動に移し、1人でも多くの人に人生を楽しんでもらいたいです。

 

あなたの人生は仕事をするためだけにあるのではなく、好きなことをするためにあるという事を、皆さんに伝えたいです。