yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

タイで日本よりも安いもの、高いもの

f:id:yasu843:20191021172403j:plain

 

こんにちは、チェンマイでノマド中のやすです。

 

今回はタイで日本よりも安いもの、高いものを紹介していきます。

 

タイに短期旅行はともかく、バックパッカーや長期滞在する人にとっては、物価の安さも気になりますよね?

 

一般のイメージとしてタイは、物価が安く、日本の半分以下と想像している人が多い印象ですが、実際に現地で生活してみて現状をお伝えします。

 

日本と比べて意外なものが高いですよ!

 

 

 

タイの物価は?

 

全体的にタイ人の平均月収は、15000バーツ(5万円くらい)と言われていますが、これはあくまで”平均”であって、単純労働の給料はバンコクやパタヤ、プーケットなどでは10000バーツ前後、それ以外の都市では8000バーツが平均となっています。

 

田舎(主にイサーン地方)から出稼ぎに来ている人の多くは、月給10000バーツ以下がほとんどで、中には住み込みで働いて、月に3000バーツしかもらえない郊外の工場も数多く存在します。

 

そういう所は、近隣国のラオスやミャンマーからの労働者であって、これでも自国よりは給料がいいので、タイで働いているケースがほとんどです。

 

では、肝心の物価を見ていきましょう。 

 

日本よりも安いもの

食料品

 

食料品は基本的に日本よりも安い場合が多いです。

 

特に、野菜や肉、果物といった生鮮食品は日本の半分以下の値段なので、自炊する方はその恩恵を十分に感じられるでしょう。

 

注意が必要なのは、乳製品(牛乳やチーズなど)は日本と同じかそれよりも高い場合が多く、注意が必要です。

 

もちろんビールやソフトドリンク、水なども安いです。

 

宿泊費

 

f:id:yasu843:20191021172358j:plain

 

何といっても一番安く感じるのは宿泊費です。

 

高級ホテルチェーンでも日本の半分くらい、安いドミトリーのホステルは日本の3分の1から5分の1程度、その中でも一番お得なのは、中級ホテルで、日本円で3000円くらい出せば、日本では1万円くらいのホテルに泊まりれることが多く、とくにバンコク以外の地方では、お得感が増します。

 

気を付けてほしいのは、最近はホテルはネット予約が主流で、直接ホテルに行き飛び込みで部屋を探すのは、金額的にはネット予約より高いことが多いので、できればネットで予約してから、現地に行きましょう。

(さらにクレカのポイントだったり、宿泊サイトのポイントが貯まるので、お得)

 

1ヵ月以上滞在する場合には、アパートを借りたほうが(タイでは身分証明書と前家賃、家賃1~3ヵ月分のデポジットがあれば誰でも借りられる)長い目で見ればお得です。

 

気を付けてほしいのは、マンスリー契約の場合は電気代を自分で払わなければいけなく、毎日エアコンをつけっぱなしにした場合、月に3000バーツを超えるので、頭に入れておきましょう。

 
交通費

 

f:id:yasu843:20190927153406j:plain

 

交通費もとにかく安いです。

 

とくにタクシーは20年くらい値上げ幅が緩く、食料品の値上げが2倍なのに対して、タクシー代は1,2倍くらいなので、安さを存分に感じます。

 

他にも、バスやバイクタクシーも安いけど、トゥクトゥクはメーターがついて無く交渉制でしかも、タクシーよりも高いことがほとんどなので、初めてのタイで乗ってみるのはいいですが、日常使いには向いてません。

 

その他

 

他にも、服や雑貨、日用品、スマホ代なども安いです。

 

日本と比べて高いもの

日本食

 

f:id:yasu843:20191021172305j:plain

f:id:yasu843:20191021172321j:plain

f:id:yasu843:20191021172334j:plain

 

日本食はハッキリ言って日本よりも高いと思います。

 

タイではエアコンのきいたレストランでは、サービス料10%、VAT7%という税金がかかるので(日本料理やイタリア料理の外国料理だけでなく、タイ料理も)、ただでさえ日本よりも高いのに、さらに税金が17パーセントかかります。

 

VATの7%は短期旅行者なら、空港で還元できるので、高価なものやお土産をたくさん買った場合には、一緒に還元してもらいましょう。

 

スーパーで売っている日本食品も高く(現地生産の豆腐や納豆は安い)、タイで日本食を自炊しようとしている人は注意が必要です。

 

レストラン

 

先ほども紹介しましたが、エアコンのきいているレストランでは税金が17%かかるので、節約派の人はエアコンの無い食堂や、ショッピングモールやスーパーのフードコートで食事をするようにしましょう。

 

バンコクやパタヤのフードコートでは、タイ料理だけではなく、日本食(おいしいかは評価が分かれる)や韓国料理、西洋料理など世界各国の料理が手軽に味わうことが出来ます。

 

特にフードコートはエアコンも効いているので、快適そのものです。

 

カフェ

 

f:id:yasu843:20190927153501j:plain

 

タイ人向けの移動式の屋台のコーヒーや、甘ったるいアイスコーヒーは安いのですが、カフェに入りカプチーノや、フラッペを頼むと、日本と同じくらいか、それ以上の値段がします。

 

例えば、夕食は屋台で食べて50バーツでも、スタバでコーヒーが130バーツかかるので、節約したい人はローカルコーヒーか、インスタントコーヒーで我慢しましょう。

(中には安いカフェもあって、50バーツから飲める)

 

その他

 

他にも、日本製の化粧品や日焼止め、乳製品やワインなど、タイ人が日常的に食べる習慣がない食品は高い傾向にあります(タイではチーズを作ってるのかな?)。

 

あと、外国人が集まるバーや、日本語のメニューがあるところなども、料理は同じでも値段は割増傾向にあるので、気を付けましょう。

 

バンコク以外でも、パタヤ、プーケット、サムイ島、クラビーなど、バックパッカーが多く訪れるビーチも物価が高いです。

 

 

まとめ

 

タイの物価について紹介しました。

 

平均的な生活費は、バックパッカーレベルで月5万円、アパートを借りで現地でタイ語学校に通う場合は7万円、毎日日本食を食べて、ホテルに泊まれば30万円くらいでしょうか。

 

なおタイはお金があればいくらでも使える環境なので、使い過ぎには十分に注意しましょう。