yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

海外での体調管理について

f:id:yasu843:20191018160212j:plain

こんにちは、やすです。

 

今回は海外での体調管理の仕方について解説していきます。

 

日本では仕事が忙しくてなかなか休息できなくても、子供の頃から食べなれている「日本食」があるので、なんとか踏ん張れますが、海外では野菜がなかなか取れない環境だったり、注文の仕方が分からなかったり、どこのに行けば栄養のあるものを食べられるか分からないことだってあります。

 

そこで、ぼくが海外で実践している体調管理の仕方をお伝えします。

 

 

 

ぼくの海外での食生活

 

ぼくはタイのチェンマイで暮らし始めて、早2ヵ月が過ぎようとしてますが、体調を崩したことはありません。

 

肝心の食生活はタイ料理で野菜と肉を中心に取っており、ほかには果物、ビール、甘いものも食べ、マックにだって週1で行きます。

 

今は節約生活ですが、毎日栄養に気を付け食べたいものを食べたら、食費は2倍くらいになると思います。

 

タイは比較的自炊しなくても簡単に野菜を取ることが出来るので、野菜を多めにとるようにしてますが、タイミングによってはなかなか野菜を取らないことがあります。

 

その時は家で野菜スープを作ったり、豚汁を作ったり、米を炊いて納豆ご飯にしたりしています。

 

部屋には調理器具は一切なく電子レンジくらいですが、炊飯器を買った(500バーツ)ので、煮物ならいつでも作れます。

(火力が弱いのが難点だけれど…)

 

f:id:yasu843:20191011035906j:plain

f:id:yasu843:20191011035837j:plain

f:id:yasu843:20190927153546j:plain

f:id:yasu843:20190927153703j:plain

f:id:yasu843:20190927153518j:plain

 

過去の出来事

 

過去にはオーストラリアでワーキングホリデー中に、お金がないし物価も高い(フードコートの中華料理でも1000円弱くらいした)ので、スーパーでパンを買い(スーパーは日本よりも安い)1日3食サンドイッチを作って食べてました。

 

2週間経過したことからか、いつもならすぐに治るひっかき傷がなかなか治らないので、おかしいなあと思い振り返ってみたら、野菜をほとんどとってないことに気が付きました。

 

傷はどんどん広がり、でも病院に行くお金もないので、薬局でくするを買ってごまかすことにし、それ以降は毎日移植は野菜を食べに行くようになりました。

 

それまで特に栄養の摂取を気にしてなかったのですが、このままではヤバいと思い、それからは栄養に気を付けるようになりました。

 

 

サプリメント併用もあり

 

f:id:yasu843:20191018160205p:plain

 

もちろんある程度お金があれば、健康に気を付けた食事をするのですが、節約生活では値段の高い野菜は後回しになり、主食のコメやパンにお金をかけるようになります。

 

しかしそれらは、おなかは満たされるものの栄養はほとんどなく、身体には決していいとはいえません。

 

それならサプリメントに頼るというのも一つの手です。

 

ぼくが毎日摂取している、「マルチビタミンミネラル」は1日およそ17円の出費で、健康の維持を補助することが出来ます。

 

もちろん意識的に野菜を取ることの方が大事で、あくまで「栄養補助」なので、それに頼りっきりはいけませんが、飲まないよりはいいでしょう。

 

やはり睡眠は大事

 

栄養を取るのも大事ですが、やはり一番いいのは睡眠をしっかりとることでしょう。

 

今の状況では毎日十分な睡眠時間を確保できますが、もし睡眠時間を取ることが難しいなら、逆に栄養はちゃんと取りましょう。

 

以前に日本で睡眠時間は平均5時間でしたが、栄養はちゃんと取れていたので、体調は(眠いことを除いては)ほぼ万全でした。

 

結論は1に睡眠、2に栄養、3に栄養補助食品っていうかんじですかね。

 

まとめ

 

人は誰しも若いうちは健康に気を付けなくても、若さで乗り切れるけれど、ある程度年を取ったら栄養も加わらないと、体調的には厳しくなります。

 

日本人は30代くらいから食べ物に気を付け、バランスよく栄養をとるようにしている人が多いようです。

 

お金よりも健康が大事とわかっていても、肝心の「生活するお金」がないので、最低限のお金を稼ごうとする人が日本人には多いと思います。

 

お金持ちの人は健康を第一に考え、貧乏人は命を削ることで毎日を生き延びています。

 

 

www.yasu-kaigai.com