yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

キャッシュレス還元とは何か?【もっともお得な支払い方は?】

f:id:yasu843:20190918183657j:plain

こんにちは、やすです。

 

2019年の10月1日から消費税が8%から10%に上がるということで、政府は消費者の購買力が落ちないようと、キャッシュレス還元を実施します。

 

要するに消費税が上がるから、その分をポイントで補って、消費税の負担を減らそうという考えですね。  

 

では、詳しく見ていきましょう。

 

 

 

期間は?

 

消費者還元対象期間
2019年10月~2020年6月(9ヶ月間)
 
期間は9か月間となります。
 
この事業の予算は2798億円となっているので、これに達した場合にはこの前のPayPayみたいに早期終了する可能性もある。
 
しかし、田舎では現金決済率が多いため、ぼくの予想では予算に達しないと思います。
 

どのカードやアプリが使えるの?

 

対象決済手段
クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードなど電子的に繰り返し利用できる決済手段
 
要するに現金以外に支払いに関しては、還元の対象になります。
 
普段みなさんが使っているクレジットカード、コンビニやドラックストアで使うQRコード払い、駅の売店で使うSuicaなど、日常で使っているカードやアプリがそのまま使えます。
 

f:id:yasu843:20190921151732p:plain

f:id:yasu843:20190921151728j:plain

 

還元率は?

 

還元額

5%、もしくは2%(店舗によって異なる)

 
 
ここが一番重要ですね。
 
中小や個人事業者が運営する店舗では5%、コンビニなどのフランチャイズでは2%、大手スーパーや百貨店では0%となっています。
 
中小や個人事業者の店舗とは、商店街で昔からずっと家族経営でやっている肉屋さんとか、代官山にあるおしゃれなカフェ該当します。
 
しかし、田舎の個人商店は今まで、商店街のポイントカードくらいしか導入してなかったのに、いきなりキャッシュレス還元だ、といってクレジットカード払いとかQRコード払いを受け入れるとは思えませんね。
 
 
種類 還元限度額 備考
クレジットカード 基本的に1枚につき15,000円/月 30万円決済分/1枚あたり。AMEXのように実施期間中9ヶ月の合計で135,000円分を還元上限としているカードもあり(月単位の上限はなし)。東急カード(月に50,000ポイント(10ポイント=10円相当))のように上限が月に15,000円相当以上のカードも一部あり
デビットカード 基本的に1枚につき15,000円/月 30万円決済分/1枚あたり
ブランドプリペイドカード 基本的に1枚につき15,000円/月 30万円決済分/1枚あたり。主にJCBなど大手カード発行会社の場合。Kyash(上限は5万円相当額/月)など上限を超えているカードもあり
電子マネー サービスによって異なる 楽天Edyは5万円/1回(1回あたり2,500円分の還元が上限)で、ひと月の上限は設定されていない。WAONは15,000円分/月(30万円決済分)。Suicaは月々の上限はなし(チャージ限度額=還元ポイントの上限)。PASMOは3ヶ月の集計期間ごとに20,000円分まで
QRコード サービスによって異なる 楽天ペイ、PayPayは1回あたり25,000円相当が上限。楽天ペイは月あたり上限なし。PayPayは月の上限も25,000円相当まで。Origamiは1回の決済で2,000円相当まで
 
 

還元方法

 

還元方法は、後日にポイントやキャッシュバックとして還元される方法と、コンビニやAmazonのように即時還元(実質値引き)という形の2種類に分かれます。

 

ポイントは忘れたころに還元されてうれしい思いをすることが多いんですが、どうせならその場で還元されたほうが、お得感があって良いですね。

 

1.カード、電子マネー、QRコード決済などの各種サービスから即時-3ヶ月後にポイントやキャッシュバックとして還元される(A型決済事業者経由の還元)。
2.コンビニやAmazonなどから即時還元(実質値引き)という形で還元される(準B型決済事業者経由の還元)。
 
 
ポイント付与・・・通常ポイント(もしくは専用ポイント)や電子マネー残高に上乗せでチャージして還元する方法(主にクレジットカードや電子マネーなど)。
引落相殺・・・口座から引き落とす際に、ポイント相当額を請求額から相殺する方法(主にクレジットカード)。
口座充当・・・少なくとも一月以内の期間毎に口座にポイント相当額を付与する方法(主にデビットカード)。
即時充当・・・購買時に、即時、購買金額にポイント相当額を充当する方法(一部QRコード決済やコンビニなどでのキャッシュレス決済時)。


他にもクレジットカードの種類でいろいろと還元率や、還元方法も変わってくるらしいです。
 
 

まとめ

 

非常にややこしいですね。

 

還元率は多くても5%なので、ぼくの考えとしては、今まで通りスーパーではプライベートブランドのクレジットカード支払いか、クレカ払い+ポイントカードでいいと思うし、コンビニはポイントカード+QRコード払いでいいと思います。

 

いちおう経済産業省発表のキャッシュレス還元に関する詳細ページも貼っておきます。

 

 
■キャッシュレス・ポイント還元事業の対象店舗ホームページ上の地図機能

https://map.cashless.go.jp/search

 

■「キャッシュレス・ポイント還元事業」の消費者向けHP

 

https://cashless.go.jp/consumer/

 

■主要なキャッシュレス決済サービス

https://cashless.go.jp/assets/doc/major_services_typeA.pdf

 

■問合せ窓口
受付時間:平日10時~18時
消費者向け窓口:TEL 0120-010975
中小・小規模事業者向け窓口:TEL 0570-000655
決済事業者向け窓口:TEL 0570-012141