yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

【厳選9冊】ブログを始めるあなたに読んでほしい本

f:id:yasu843:20190912181855j:plain

こんにちは、チェンマイでノマド中のやすです。

 

今回はブログでお金を稼いでる人っていっぱいいるけど、どうやって始めたらいいのかわからない?という人向けにぼくが実際に持っている本の中から、参考になったものだけを紹介します。

 

 

ブログの始め方

 

世界一やさしいブログの教科書 1年生

 

まずブログをはじめようとしている人は、この本から読んでみるといいでしょう。

 

著者の染谷昌利さんは12年間の会社員時代から様々な副業に取り組み、2009年にインターネット集客や収益化の専門家として独立しました。

 

アフィリエイトに関する本や、ネットでのお金の稼ぎ方についての本も多数出版していて、とても参考になるものばかりです。

 

本の内容はパソコンを触ったことがない人でも、1からブログを開設することが出来るほどわかりやすく、そして簡潔に書かれており、本の通りに進めていけば誰でもブログを書くことが出来ます。

 

初心者に特におすすめの一冊ですね。

 

ブログ飯 

 

またしても染谷さんの著書なんですけど、この本は今までの人生経験をブログに書き、それだけでもお金が稼げるという内容です。

 

もちろんそんなに簡単にお金は稼げませんが、その他にも1からブログを始める方法とか、どうやったらGoogle Adsenceやアフィリエイトを通して収益を上げられるかも書かれており、稼ぎやすいブログの内容やジャンルなど、有料級の情報がたくさん詰め込まれています。

 

このことを知ってると知らないのでは、ブログのアクセスが同じでも収益に数十倍の性ですので、立ち読みでも目を通しておきたいところでしょう。

 

 
 
はてなブログ Perfect GuideBook

 

ブログで稼いでいる人の多くは、WordPressが多いのですが、最初は無料のはてなブログでいいと思います。

 

はてなブログでやってみてこれから続けていけそうだと感じてから、Wordpressに移行してもいいでしょう。

 

この本はホントに1からブログの開設方法が書かれていますし、ブログの収益化の仕方や、困った時には辞書代わりにも使えてとても便利です。

 

はてなブログユーザーなら持っておくべき一冊でしょう。

 

 
 

ブログの書き方

 

沈黙のWebライティング

 

ブログを始めたのはいいけれど、書き方が分からない?という人も多いと思います。

 

最初は自分の好きなことや興味のある事、日記などを書いていてもいいと思いますが、それが収益につながるかと言ったら、はっきり言って難しいです。

 

そこで読者の興味を引き付ける書き方だったり、ライティングの基本を漫画のストーリーに沿って、楽しみながら学習できます。

 

本自体は500ページくらいありますが、案外すぐに読み終わってしまうほど、物語に引き込まれてしまいます。

 

もちろん内容は濃いので、1回で理解しなくても、読んでみて読者心理や文章の起承転結の流れなどを理解し、分からないところや難しいところは飛ばして読むほうがいいでしょう。

 

だんだんとブログを書いていくことで、理解できることも増えてくると思います。

 
20歳の自分に受けさせたい文章講義

 

この本は自分の心境をそのままの形で文章に書き、いかに相手に伝わりやすくするのかを分かりやすく書いた本です。

 

ブログだけではなく、プレゼンテーションやライティングの勉強にもなるので、これからこういう仕事をする人にとっては、とても為になる本ではないでしょうか。

 

文章を上手に書く秘訣や、相手によりうまく伝わるコツ、誤解が無いようにするコツなど、これからの人生においてもコミュニケーションの面で大活躍するでしょう。

 

ブログ・おすすめ・本、で検索すると必ず上位に入っている本です。

 

 
武器としての書く技術

 

ブログでお金を稼ぎながら、セミリタイア中のイケダハヤトさんの本です。

 

彼はブログ1本で年間数千万円稼いでおり、そのノウハウがすべて詰まっています。

 

読者を引き付けるブログの書き方、収益化の仕方、稼ぎやすいジャンルなど、ブログ運営に関しての教科書的役割も果たしていて、持っていても損はないでしょう。

 
 

ちょっと慣れてきたら

 

沈黙のWebマーケティング

 

ブログを書くのにも慣れてきたら、今度は収益化を考えてみましょう。

 

マーケティングとは「商品の売り方」という意味ですが、この本にはサイトを見に来てくれるお客様に対して、どのような文章を書けば共感してくれて、しまいには紹介している商品の購入まで持って行くかをわかりやすく書いています。

 

いくらブログのアクセスがあっても、収益化しないと(もちろん趣味でやっていて、お金などいらない。という人もいるけれど…)やってられませんよね?

 

人を操る禁断の文章術

 

メンタリストのDaiGoさんが、超能力的?に人を操る文章術を披露しています。

 

どのような文章を書いたら最後まで読んでくれて、さらに商品の購入までしてくれるのか?とか、途中で離脱しない文章の書き方とか、引き込まれる文章の書き方など、いかに文章を読ませるかというテクニック的なことが多いです。

 

いちばんやさしい新しいSEOの教本

 

最後に紹介するのは、SEOの本です。

 

SEOとは「Search Engine Optimization」「検索エンジン最適化」要するに、どうやったら多くの人に読まれるかということですね。

 

ネットで多くの人に読まれるには、必然的に検索の上位10くらいまでに入らなければいけません。

 

例えば「パスポートの取り方」を検索する場合に、ネットで調べても読むのはせいぜいトップ5まででしょう。

 

なので、トップ11以降(2ページ目)に表示されれば、アクセスはトップ10の1割にも満たなくなってしまします。

 

そのためにどうやってトップ10に入るかという方法を書いているのがこの本であり、SEOとはどうやってページの上位につけるこということですね。

 
 
 
 いかがでしたか、ブログを始めた人はとりあえず読んでいて損はない本をあげてみました。
 
参考になればうれしいです。