yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

タイで【月5万円生活】は可能なのか?

 

こんにちは、やすです。

 

去年頃から物価の安い東南アジアを中心とした、海外で月5万円で生活するということが、SNSで話題になっていました。

 

そこで今回は本当に月5万円で生活ができるのか、解説していきたいと思います。

 

f:id:yasu843:20190820182907j:plain

 

 

 

 

 

月5万円生活が可能な都市

 

ネットで調べて見ると、タイが多いですね。

 

都市で言うと、バンコク、チェンマイ、パタヤです。

 

あと、台北、バリ島、ホーチミンシティなども挙げられます。

 

日本でも家賃を支払わなければなんとかできそうですが、税金とかいろいろあって無理そうですね。

 

今回は日本人に一番住みやすく物価も安い、タイのチェンマイで見ていきましょう。

 

 

生活費

 

家賃

 

生活するにあたって家賃が一番大きいですね。

 

チェンマイなら月に6000バーツ(2万円)出せば普通のアパートが借りられます。

 

もっと家賃を落としたければ、エアコンの無い4000バーツくらいのアパートにするとか、中心からバイクで20分くらい離れた場所に住むとか(バイクレンタル代もかかる)、あと1泊100バーツ前後のドミトリーにマンスリーで契約するとかですね。

 

家賃に3000バーツ(1万円)しか使わないなら、残りは12000バーツ使えるので、かなり余裕が出ますが、普通の人では100バーツのドミトリーは正直キツイと思います。

 

150~200バーツ出せば、カーテン付きのドミトリーがマンスリーで借りられ、共用スペースも広く、しかも朝食付き(この値段ではパンとコーヒーぐらい)で、旧市街の中で探せば、いっぱいあります。

 

家賃に6000バーツあれば十分でしょう。

 
食費

 

食費は1日100バーツ、月で3000バーツといったところでしょうか。

 

チェンマイはバンコクよりも物価が安いといわれてますが、普通の食堂でカオマンガイやバミーナームを頼んだら50バーツはします。

 

1日2食食べるとして、1日100バーツが最低限度でしょう。

 

中には1日1回のぶっかけ飯(銀色の四角いトレーにおかずが複数並んでいて、ご飯と一緒に皿に盛るやつ)にあとはインスタントラーメン(タイのインスタントラーメンは量は少ないがすごく安い)でいいという人もいますが、しっかり食べましょう。

我々は人間なので、甘いものを食べたい時や、日本食を食べたい時、ビールを飲みたい時だってあるでしょう。
 
自炊もできますが、安いアパートにはキッチンがありません。(キッチン付きになると月10000バーツくらいから)
 
ホステルの場合は、キッチンがあれば使用可能ですので、タイ料理が合わない人や、日本食を毎日食べたい人は、自炊してみてもいいでしょう。
(チェンマイでも日本食品は売っていますが、日本から輸入されたものは日本の2倍くらいの値段がする。現地生産の豆腐、納豆、醤油は安い)
 
1日200バーツ、月で6000バーツくらいが平均ではないでしょうか。
 
 
カフェ代

 

月5万円生活中に、ブログを書いたり、タイ語や英語の勉強、プログラミングを学んだりすることがあると思います。

 

チェンマイ(特にニマンヘミン)は、オシャレでインスタ映えするようなカフェが数多くあり、毎日でも通いたくなるようなカフェもあります。

 

しかし、そういったおしゃれなカフェはコーヒー1杯100バーツ前後することも多く、節約したい人にとっては苦しいでしょう。

 

仮に1日1件行ったとしても3000バーツになってしまいます。

 

節約したいあなたには、ローカルカフェ(コーヒー1杯30バーツから)や、インスタントコーヒーを買ってきて、ホステルの共用スペースで我慢しましょう。

 

別に毎日通っても月に1万円なので、金額的にはあまり懐は痛みませんが、あくまで月5万円生活できるかということでやっています。

 
雑費

 

生活していくにあたって、シャンプーや化粧品、日焼け止めなども必要になるでしょう。

 

ドミトリーのホステルの場合には、シャワールームにシャンプーや石鹸がついていることがありますが、特に最安値のドミトリー場合、シャンプーは髪がごわごわになったり、ソープも匂いはいいんだけれど、肌によくなかったりするので、気になる人(とくに女の人は注意)は、スーパーで自分の目で見て買ったほうがいいでしょう。

 

他にも洗濯代(コインランドリーは1回20バーツからある)や、サプリメント代もかかります。

 
交通費

 

チェンマイの中心は小さいので、歩こうと思えば何とか歩けるのですが、さすがにニマンヘミンからセントラルフェスティバルまでは(歩くと2時間くらい)歩けませんよね。

 

今はスマートバスといって、旅行者が立ち寄るところ(空港、ニマンヘミン、ターペ門、ナイトマーケット、セントラルフェスティバル)にバスが運行しています。

 

料金は1回20バーツなので、往復すれば40バーツになります。

 

(なおセントラルフェスティバルにはナイトマーケット、ニマンヘミン、旧市街、空港に2時間おきに無料のバスが出ています)

 

ネット代

 

スマホはもちろんSIMフリーが前提で、現地のSIMカードでいいでしょう。

 

3G使い放題で月に500バーツくらいです。

 
娯楽費

 

たまにはマッサージを受けたり、飲みに行ったりしたいでしょう。

 

あとは、ジムに通ったり、タイ語を勉強する人もいます。

 

もちろん月5万円では無理ですが、日本よりも格段に安いので、興味のある人はやってみるのをおすすめします。

 

まとめ

 

最低限の生活するなら、月5万円は可能だと思います。

 

しかし、何か習い事をするとか、毎日カフェに行くとか、我慢をしない生活でも、月に10万円もあれば大抵のことは出来るでしょう。

 

チェンマイは他の町(バンコクやパタヤ、プーケット)と違い、誘惑が少なくのんびりとしているので、何かを集中して学ぶのには最適な環境だと思います。