yasuの日本脱出計画

日本でせこせこ生きながら、海外移住を目指します。

ゴーゴーバーで働いている女性

 

今回は世界3大聖地のパタヤにある主要風俗ゴーゴーバーについてお話します。

 

ゴーゴーバーとは

 

システム
客は舞台の上で踊っている女性を見ながら、飲食を楽しむ。基本的には飲食代を払うだけで楽しむことができるが、女性を席につかせて会話をする時は女性のドリンク代を支払うのが一般的である。女性は水着や下着姿であることが多いが、稀に全裸の場合もある(大抵は1階にいる女性たちは水着や下着姿だが、2階以上にいる女性たちは(上半身)裸である)。
気に入った女性がいれば、別料金を支払うことで店外に連れ出すこともできる。連れ出す際の料金は店側に払う分(タイではペイバーPayBar、フィリピンではバーファインBarFineと呼ばれる)と女性に払う分があり、ペイバーは基本的には店で固定の料金だが、女性に払う分は女性との交渉で決まる。 女性はウェイトレスとダンサーが分かれている店や、ダンサーがウェイトレスを兼ねている店もある。基本的には店外へ連れ出しができるのはダンサーの方だが、ウェイトレスを連れ出せる店もある。一般的にはウェイトレスの方が連れ出す料金が高い。
店によってはビリヤード台などが置いてあり、女性と遊ぶこともできる。
連れ出した女の子を自分の宿泊しているホテルの部屋に招くのももちろん自由だが、ホテルによっては連れ込み料金(タイではジョイナーフィーと言う。略称JF)を請求されるところもあるので注意が必要である。
また店内の照明は総じて暗く、女性の正確な容姿・年齢・性別(特にタイの飲食・風俗業界ではニューハーフが女性に劣らず盛んに活動している)が分からないまま連れ出してしまうことも少なくない

                           wikipedia参照

 

要するにバーで働いている女の子を、連れ出すことができるお店ってことですね。

 

f:id:yasu843:20190712143711j:plain

 

 

 

どこにあるの?

 

有名な場所としては、タイのバンコクとパタヤ、フィリピンのマニラとアンヘレスがあります。

 

他にも、タイにはプーケット、サムイ島、チェンマイ、チェンライ、ウドンタニーなど外国人が多く滞在するような場所には規模は小さいけれども存在します。

 

あと行ったことがないけれど、アメリカとメキシコの国境の町テイファナにもあるようです。

 

他にもバービア(日本で言うセクキャバみたいなもの)にも、小さなステージでポールダンスしている女の子も見かけます。

 

タイのバンコクは圧倒的に日本人が多く、次にパタヤ、フィリピンのマニラと続きます。

 

治安の面から見ても断然にタイのほうが安全(もちろんぼったくりやスリの危険性がないとは言えないけれど、強盗や傷害事件の発生率はかなり低い)で、初心者にも入りやすいので、初めて行く場合はバンコクをおすすめします。

 

料金はいくらかかるの?

ドリンク代

バンコクのゴーゴーバーで、自分で飲むドリンク料金は平均150バーツ(500円)、レディースドリンクと言って、女の子が飲むドリンクは200バーツ(700円)くらい。

 

女の子はドリンクを1杯おごってもらうと、50バーツ(170円)のキャッシュバックがもらえます。

 

なので、初心者のお客はよくレディースドリンクをたかられているのを見かけます。

 

最初は営業でがつがつ来られますが、ハッキリと「NO」と言えばあきらめてくれるので、嫌ならはっきりと伝えることが大事です。

 

(店の女の子は気が弱くうまく断れない東アジアの客{日本、韓国、台湾}に味を占めて数人でたかってきます。もちろんお気に入り女の子がいればおごってもいいのですが、かわいそうだからとか、1杯くらいとか財布のひもを緩めると、断り切れなくなり、お会計が3000バーツ(1万円)を超える時もあるので注意しましょう。)

 

連れ出し料金

 

女の子をホテルに連れ出すには、お店と女の子に別にお金を払わなくてはいけません。

 

まず、お店には女の子を営業時間内に連れ出すという名目のpay bar代(bar fineともいう)を払います。

 

店にもよりますが、大体700~1000バーツ(2500円~3500円)です。

 

その金額と、自分のドリンク代、女の子のドリンク代を一緒にお店で払います。

 

それから女の子と一緒にホテルに行きます。

 

ショート(2時間くらい)で契約したなら、ちょっと食事をして、ホテルに行って終わりですが、ロング(一晩、朝まで)の場合には、ゴーゴーバーを出てからホテルに直行してはもったいないです。

 

一般的なロングの遊び方は、まずゴーゴーバーから連れ出し、おなかがすいていれば食事をする。

 

それからバーで会話を楽しんだり、他の地域のゴーゴーバー(バンコクでは有名なナナプラザのほかにソイカウボーイ、パッポンなどがある)に行ったり、ナイトマーケットに行ったり、映画を見たり、クラブに行ったりといろいろ楽しんでから、ホテルに行く方が多いようです。

 

(注)ロングで契約しても女の子が今日は体調が悪いから早く帰るとか、用事があるから朝まで一緒にいられないとか、言われる可能性があるので、もしそう言われたらあなたのことはただの客(お金)にしか見られていない可能性が高く、もし早く帰らせる場合は、料金を減らしましょう。

 

お金を払うのは女の子が帰る時です。

 

ロングで4000バーツ、ショートで3000バーツくらいが相場でしょうか。

 

あと、タクシー代も100~200バーツくらい払ってあげると、スマートですね(^^♪

 

ロングで契約して、早く帰した場合には割引してもいいでしょう。

 

基本的に料金は、連れ出す前に、ゴーゴーバーで確認しておきましょう。

 

あとでトラブルになることは避けたいですからね。

 

女の子の事情

 

もちろん女の子は、見ず知らずの外国人に身体を売りたくて仕事をしているわけではありません。

 

ちょっと昔の話で申し訳ないのですが、イサーン(タイの田舎)で生まれた女の子がお金持ちになる方法は、ゴーゴーバーで身体を売るか、外国人と結婚するかの2択しかなかったのです。

 

今でもゴーゴーバーで働けば1晩で4000バーツ稼げ、コンビニなどでは1日で300バーツくらいにしかなりません。

 

単純計算でも10倍以上は違いますね。

 

ゴーゴーバーで働ているほとんどの女の子は、実家に仕送りしており、そのお金で弟や妹の学費にあてたり、一家の生活費に充てたり、田舎の両親に家を買ってあげたりしているようです。

 

日本でも、最近の大学生は仕送りが貰えなく自分でバイトして生活費を補っていますが、タイでは実家の両親の生活のほうがギリギリなので、日本も最近では同じようになっていますね。

 

社会保障がまだまだ完全でないタイの田舎では、病気にかかってもお金がなく病院に行けない人も多く、手っ取り早くお金を稼ぐには、娘が風俗産業で身体を売るしか道がないのです。

 

(男の場合には、もちろん外国人と結婚するか、ゴーゴーボーイで働くか(ゴーゴーバーの男バージョン)オカマになり、世界中の男性の相手をするしかない)

 

こういう裏事情があるので、女の子の中には何人も外国人の彼氏を作って、本国から送金してもらっていたり、外国人と結婚して先進国に移り住んだり、若くて需要があるうちに少しでもお金を稼ごうと必死なのです。

 

おわりに

 

ゴーゴーバーで働いている女の子の事情をお話ししました。

 

風俗産業で働いている女の子はイサーン地方(タイの東北地方)の出身者が断然に多いですね。

 

南のプーケットやサムイ島に行っても現状は同じです。

 

逆に南の方マレーシアに近づけば少しは豊かになっているようです。

 

南部はイスラム教の人も多いので、宗教も関係しているかもしれませんが…