yasuの日本脱出計画

日本でせこせこ生きながら、海外移住を目指します。

海外ノマドの生活

 

最近は新しい働き方として耳にする海外ノマドですが、彼らは毎日どのようにして過ごしているのでしょうか?

 

住居は?仕事場は?食事は?移動は?ぼくの体験から説明していきたいと思います。

(ノマドも100人いれば、100通りの過ごし方があるので、あくまでも僕の主観から書いていきます)

 

f:id:yasu843:20190430072609j:plain

 

 

住居

 

住居は長期滞在(1か月以上)なら、現地のアパートを借りたり、Airbnbで家を借りたり、人によってはゲストハウスのマンスリー契約や(ホステルや普通のホテルも長期滞在だと割引になる)、1週間ごとに宿を変える人もいます。

 

ノマドが一番多いタイは、月5万円あれば清潔で新しいアパートを借りることができるので、アパート暮らしの人も多い印象です。

 

最安値はドミトリーで1泊300円くらいから泊まれますが、ホステルはただ寝れればいいという訳ではなく、共有スペースにパソコン作業ができる机があったり、カフェが併設されていたり、そこに日中エアコンが入るかとか、いろいろな条件にあてはまるホステルは最低600円くらいからになります。

 

各国でも最安値のドミトリーは、基本的にお金に余裕のない人が集まる可能性が高く、盗難があったり、マナーが悪かったりするので、避けたほうがいいでしょう。

 

東南アジアなら月に3万円くらいの予算であれば、十分満足できる物件やホステルが見つかるハズです。

 

 

仕事場

 

仕事場はほとんどの人はコワーキングスペースまたは、宿泊しているホステルの共有スペースとなります。

 

その他にも、街中にあるカフェや(いつも同じカフェに行くならいいけど、はじめてのところだと、ネット環境とか電源などの確保に時間がかかる場合が多く、時間が無駄に過ぎるので、いつも同じところで勝手がわかっているほうが便利)ショッピングモールにあるフードコートやBIC-Cやテスコロータスのフードコート、マックなどのファストフード店で作業している人もいます。

 

コワーキングスペースは、月にいくらでコーヒーが飲み放題とか、24時使えるとかありますが、1日だけの利用は300円くらいからと、東南アジアにしては高い金額なので、もし本格的にやるなら月契約にするほうがいいでしょう。

 

ホステルの共用スペースは時間帯によって賑やかだったり、エアコンが切れる時間があったり、狭かったりするので、もし作業スペースにお金をかけたくないなら、ホステルを厳選するか、ショッピングモールのフードコートに行って作業しましょう。

 

食事

 

食事は基本的に現地の人と同じものを食べています。

 

タイなら、朝食はホステルで食べ、ランチは作業しているカフェやフードコートで、夜は屋台やレストランでお酒を飲みながらゆっくり食べるのがいいでしょう。

 

毎日現地のローカルフードは飽きるので、たまにはマックに行ったり、日本食を食べたりもします。

 

日本食は現地の食事の倍の値段はしますが、店を選べば日本とほとんど変わらないクオリティのものを食べることができます。

 

タイでは、現地の食事は安くてカフェのコーヒーはその倍の値段するところが多く、お金を節約したいならインスタントか、現地の屋台のコーヒーを飲むべきです。

 

 

移動

 

ノマドは移動しながら生活するという意味ですが、仕事に熱を入れている人は移動は1か月に1回くらいでいいでしょう。

 

住み慣れている都市ならいいのですが、初めて行く街に滞在するとなると、その街のwifi事情、作業場、ホステル、食事する場所、カフェなどいろいろと探さなければならなく、必然的に仕事の時間を削ってしまいがちになります。

 

なので、初めて行く街の場合は、今の時代ネットである程度の情報が見れるので、情報を頭に入れ、それから現地に行く方が多いように思えます。

 

休日

 

休日の取り方は人それぞれですが、ほとんどの人は週1休みくらいでしょうか。

 

または1日数時間の作業だけで生活している人も多くいるので、休みという概念はない人もいます。

 

またはひと月のうち3週間はガッツリ仕事をし、残りの1週間を休暇にあてている人もす。

 

フリーランスになると自由に収入や休みを決めることができるのが、醍醐味ですね(^^♪

 

 

まとめ

 

海外ノマドは海外で自由に暮らしていそうな雰囲気ですが、ほとんどの人(中にはある程度の自動収入がある人もいる)は、1日8時間くらいは作業しているのではないでしょうか。

 

ただ唯一の違いは、生活費が東南アジアだと月に10万もあれば余裕でおつりがくるので、日本での駆け出しフリーランスの人や、ある程度の資金をもって海外で勉強し始める人もいます。

 

これからの時代はもっともっと増えると思うので、自由に生きていきたいならおすすめの働き方だと思います。