yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

岩手県と秋田県の県境の超絶おすすめの温泉【須川温泉】

f:id:yasu843:20190919163244j:plain

こんにちは、みなさんはゴールデンウィークはいかがでしたか。

 

海外旅行に行ってきた人、国内旅行に行ってきた人、実家に帰っていた人、残念ながら仕事であまり休めなかった人もいるでしょう。

 

ぼくは実家のある岩手県に1週間ほど里帰りしていました。

 

 

そこで今回は、岩手県の一関市と、秋田県の東成瀬村にある温泉、須川温泉を紹介します。

 

 

場所

 

 

(注)毎年、11月初めから4月末までは、積雪のため営業しておりません。

 

ちなみに、温泉から15キロ手前のの場所から、上記の期間は交通規制があります。

 

開通した5月でも夜間通行禁止(夕方5時~朝9時まで)があるので要注意!

 

毎年、完全に雪が解けた6月くらいから、夜間通行止めが解除される模様

 

 

行き方

 

場所は結構な山奥になるので、一番近い最寄りの一ノ関駅または一関インターチェンジからでも1時間はかかります。

 

路線バスも通っていますが、1日2往復のみなので、行く場合は絶対に車がいいでしょう。

 

道は非常にわかりやすく、国道342号線をただひたすらまっすぐ行くだけです。

 

途中にも観光名所である、厳美渓やブルーベリー農園があるので、ドライブがてら立ち寄ってみるのもおすすめです。

 

 

須川高原温泉(岩手県側)

 

標高1600メートルの栗駒山の麓にあり、標高は1100メートルです。

 

なので、市街地よりもちろん気温が低いですし、天候も変わりやすいです。

 

須川高原温泉の醍醐味は何といっても、露天風呂です。

 

目の前の大自然を眺めながらの入浴は贅沢の極みですね♬

 

なんといっても温泉成分が強いのが魅力で、硫黄のにおいがものすごくします。

 

建物は古いので、昔ながらの温泉という感じなんですけど、効能は抜群なのでぜひ浸かりに来てみてください。

 

近くに無料の足湯もあるので、どうぞ!

 

www.sukawaonsen.jp

 

栗駒山荘(秋田県側)

 

岩手県側の須川高原温泉から、徒歩5分で秋田県側の栗駒山荘につきます。

 

徒歩5分なので、温泉の成分はほとんど同じですが、岩手県側の須川温泉と比べてこちらは、近代的な建物になっています。

 

醍醐味は何といっても露天風呂からのパノラマの風景であり、夜には星が見え絶景になります。

 

栗駒山荘 ホームページ⇊

http://www.kurikomasanso.com/

 

(注)秋田県側から来る場合の県道282号線(栗駒道路)は5月下旬まで通行止め

 

近くの観光名所

 

中尊寺

 

中尊寺は2011年に世界文化遺産に指定されたお寺です。

 

それまでは、普通のお寺だったのが、世界文化遺産に認定されてから、平泉の街並みもすっかり変わり、連休には全国各地から観光客が訪れています。

 

 

 

厳美渓

 

厳美渓は一ノ関駅から車で20分ほど行ったところにある、渓谷です。

 

厳美渓では「空飛ぶだんご」として知られる郭公だんごが名物となっています。

 

これは渓谷の休憩所に設けられてあり、ワイヤーロープで繋いだ籠に代金を入れ合図の板を叩くと、対岸の店が注文を聞いて、だんごと茶を提供してくれるというものです。

 


販売している団子はあん・ごま・みたらしが主で、「空とぶ団子」では三本セットで売られてる他、限定商品もあります。

 

 
 
ポラーノ

 

地域の果物や野菜を使ったジェラートのお店です。

 

中でも、近くで栽培しているブルーベリーをおすすめします。

 

休日には、いつでも車が止まっている人気店です。

 

 
 

まとめ

 

いかがでしたか。

 

ぼくは実家が近いので、帰省するたびに毎回訪れているのですが、初めて訪れる方は温泉の硫黄の強いにおいにビックリされるようです。

 

日帰り入浴もやっているので、休みの日に行ってみてください。