yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

モチベーションの保ち方

 

 

近年はフリーランスになり、独立する人が多いですが、自分一人で仕事をするにあたってのモチベーションの保ち方を紹介します。

 

f:id:yasu843:20190430150532p:plain

 

 

なぜやる気が出ないのか?

 

今まではの学校や会社は、はじまりの時間が決まっていて、必ず開始の時間を守らなければいけなかったのですが、フリーランスになると、仕事のはじまりの時間、おわりの時間や休憩時間、仕事の時間まで自分で決められるので、他の誘惑に負けてしまい、作業がおろそかになってしまいます。

 

やる気以前に、やらなければいけないという義務が発生しないので、やる気が出ないと思います。

 

仕事や学校は、やる気ではなく強制的に生かされている感じですね(^^;

 

人はそれぞれですが、自分一人だけで、やってもやらなくても何も言われないので、人間は本来怠ける生き物ということが、はっきりとわかります。

 

 

対策方法は?

 

対策方法は簡単ですが、人それぞれに向いているやり方があります。

 

ルーティン化する

 

学校や会社にいたころは、眠かろうが行きたくなかろうが、はじまりの時間に合わせていましたが、フリーランスになってからは、すべてが自分で決めれます。

 

なので、はじめの1か月くらいは、自分に合う生活リズムを探してみてみるのがおすすめです。

 

1度ルーティン化して、数カ月もすれば、それが当たり前になり、毎日継続することが当たり前になるので、やってみるのがいいでしょう。

 

1度ルーティンに組み込んでしまえば、毎日やらないと気が済まなくなるので、とりあえずやってみるのがおすすめです。

 

カフェやコワーキングスペースに行く

 

誰も見ていない環境では怠ける人に、周りに人がいる環境、同じように仕事をしている人がいる環境に身を置くのも1つの方法です。

 

カフェ代やコワーキング代を支払うことによって、元を取ろうとするのが人間の性ですが、それを利用して最低…時間作業すると決めてやりましょう。

 

いい意味で回りに流されることで、やる気が出るかもしれません。

 

スクールに通う

 

今やプログラミングやデザインのスクールが、校舎を持った大手から、個人でやっているところまで多々ありますが、そこに入って、インストラクターや同じ目標を持った仲間と一緒にやることによって、お互いに切磋琢磨することも可能です。

 

費用は数十万かかりますが、早い人では1か月で回収できる金額であり、お金に余裕がある人や、モチベーションがなかなか上がらない人、何をやっていいかわからない人におすすめです。

 

とにかく崖っぷちに追い込む

 

これは最終手段ですが、来月の生活費がギリギリのところまで追い込むという方法もあります。

 

もし、生活費が続かなかったら、前のように会社員に戻るのが現実になるので、何が何でも阻止しようとして、死に物狂いで頑張る人もいるでしょう。

 

人によっては、火事場のバカ力を利用し、レベルアップを図れます。

 

常に目標を確認せよ!

 

フリーランスになりある程度稼げて、お金に不自由しなくなるようになると、今のままで現状維持でいいという人と、もっと高みを目指す人とに分かれます。

 

お金はあればあるほどいいと思うので、稼げるとき、波が来ているときに稼いで、ある程度の貯蓄を作ることをおすすめします。

 

0からここまでこれたのだから、収入を2倍3倍にすることは、始めた時に比べれば簡単なはずです。

 

1年後の目標、半年後の目標、1か月後の目標、今週の目標、今日のタスクをしっかりと決め、場合によっては上方修正しながら、やることがいいでしょう。

 

まとめ

 

人間は基本的に怠ける生き物です。

 

せっかく自分のやりたいことを自分の意志でやっているので、やり遂げたいですよね。

 

ぼくの理想は、完全に作業をルーティン化して、歯磨きや食事するみたいに出来るようになれば、結果はおのずと、気が付いたら高みにいるという状態になるのではないでしょうか。

 

 

関連記事