yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

パタヤでのノマドの生活費【予算別】

f:id:yasu843:20190918184023j:plain

 

今回はタイのパタヤで、1日中遊びながら生活したい人向けの記事です。

 

パタヤは世界各国(特に欧米のリタイアしたじいさん多い)の男の、人生のテーマパークとなっていますが、最近では中国人の団体客やロシア人の家族連れも多く見かけます。

 

そこで、もしパタヤで1か月遊びに行きたいなら、お金はどのくらい必要なのか、予算別に書いていきます。

 

 

f:id:yasu843:20190414010831j:plain

 

 

予算 5万円

 

パタヤでの最低限の生活費は5万円です。

 

5万円なら最低限の生活しかできないうえに、夜遊びは基本的にできません。

 

家賃

 

予算が5万円なので、できるだけ節約したいです。

 

場所はビーチから離れたサードロード沿いのアパートか、ソイブアカーオのバービアの上でもいいでしょう。

 

マンスリーで、6000バーツが最低ラインでしょうか。

 

もしそれ以下だと、ドミトリーかエアコンがなしになってしまいます。

 

 

食費

 

1か月の予算は4500バーツで、1日では150バーツです。

 

食事はターミナル21のフードコートPIER21が最安値で、いろいろなタイ料理が食べられるのでおすすめです。

 

その他

 

その他にもソンテウ代600バーツ、雑費1000バーツで、残りは3000バーツとなります。

 

3000バーツなら、1日100バーツ使えますので、ビール2本飲むことができます。

 

 

 



 

予算 10万円

 

予算が10万円から、はじめてパタヤの生活が楽しくなってくると思います。

 

海外旅行の経験が少ない人や、まだタイや東南アジアに行ったことがない方は、こちらのプランからはじめてみてはいかがでしょうか。

 

家賃

 

アパートはソイブアカーオか、ホテルのマンスリー契約でもいいでしょう。

 

月で10000バーツになります。

 
食費

 

月で10000バーツとして、1日に300バーツ使えるので、日本食を食べたり、ステーキを食べたりもできるでしょう。

 

あと、フルーツを買ったり、お菓子を買ったりもできます。

 
その他

 

雑費、ソンテウ代を差し引いても、10000バーツ残りますので、週に1回は夜遊びに行けるでしょう。

 

ビールは好きなだけ飲めます。

 

よくパタヤにいるファラン(欧米人のじいさん)はこのくらいの予算の方が多いようです。

 

 

 

予算 20万円

 

ここまで使えるお金があると、はじめて余裕ができるでしょう。

 

家賃

 

アパートはビーチロード沿いか、セカンドロード沿いのホテルマンスリー契約で滞在するか、サードロード沿いでプール付きのコンドミニアムを借りるかを選択できます。

 

もちろん移動はレンタルバイクなので、どこにでも行けます。

 

月割で5000バーツくらいが相場でしょうか。

 

食費

 

食費は、20000バーツです。

 

毎日好きなものを食べられますし、我慢する必要はないでしょう。

 

日本食も意外と充実していて、セントラルフェスティバルやターミナル21に行けば、食べることができます。

 

 
 

 

 
その他

 

残りは20000バーツのなので、毎日夜遊びができ、好きなだけお酒も飲めるでしょう。

 

 

予算 30万円

 

f:id:yasu843:20190414010822j:plain

 

家賃

 

1日1000バーツで、月では30000バーツです。

 

もうこのくらいの予算があると、好きな場所に住めます。

 

ビーチロード沿いのホテルでも、コンドミニアムでもいいでしょう。

 
 
食費
 
 
30000バーツとしましょうか。
 
毎日好きなものを好きなだけ、コーヒーやビールも好きなだけ飲めるでしょう。
 
 
その他

 

毎晩朝まで好きなだけ、遊ぶことができます。

 

日本のでこのくらいの生活をするなら、100万円は必要でしょう。

 
(1バーツ=3,5円で計算)
 
 

まとめ

 

パタヤでの生活費を予算別に書いてみました。

 

最低生活費の5万円では、日々生活していくのには精いっぱいで、楽しみを見つけないとしんどいでしょう。

 

そういう方は、チェンマイなら同じ5万円でももう少し余裕ができるので、そちらも考えてみてはいかがでしょうか。

 

1か月30万円あれば、毎日豪遊できるので、人生のうち1回は体験してみたいですね。