yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

【イチローに学ぶ】人生を楽しく過ごすための秘訣

f:id:yasu843:20190919180028j:plain

 

日本でも大きくにニュースで取り上げられたので、ご存知の方も多いでしょうが、MLBシアトルマリナーズのイチロー選手が引退しました。

 

去年に6年ぶりにシアトルに復帰してから、約1年間での引退は非常に寂しいものがありますが、去年の契約の時点の今回の日本での開幕戦の出場も決まっていたということです。

 

そこで今回はイチロー選手の引退会見での記者の質問に対しての回答が、非常に興味深く、これからの人生において目標を持つことの大事さや、楽しく生きることの意味について深く語っていたので明言を集めてみました。

 

 

 

✔ この記事はこういう人に読んでほしい

 

・大学を卒業してからずっと会社で働いているけれど、いつクビになるかわからないし、ちょっとやってみたいこともあるんだけれど…
 
・今は学生なんだけれど、このまま就職するか or 自分の好きなことをこのまま続けたいのか悩んでいる…
 
 
ぜひこういう人に読んでほしいです。
 
人生の選択肢が広まりますよ♪
 

 

これまでのイチローの実績

 

NPB通算安打数:1278安打

MLB通算安打数:3089安打

 

NPB通算本塁打数:118本塁打

MLB通算本塁打数:117本塁打

 

NPB通算打点数:529打点

MLB通算打点数:780打点

 

NPB通算盗塁数:199盗塁

MLB通算盗塁数:509盗塁

 

NPB通算打率:.353

MLB通算打率:.311

 

 

主な日本プロ野球記録・MLB記録
 
 
NPB
首位打者 7回
打点王 1回
盗塁王 1回
最多安打 5回
最多出塁率 5回
MVP 3回
 
MLB
首位打者 2回 
盗塁王 1回
MVP 1回
シーズン200安打 10年連続
シーズン30盗塁 10年連続
シーズン打率3割 10年連続
オールスター出場 10年連続
ゴールドグラブ賞 10年連続
シーズン最多安打 262本
 
 

引退会見での名言

 

何か夢中で取り組めるものを見つけなさい

 

始めるのもは。

 

自分が熱中できるもの、夢中になれるものを見つければそれに向かってエネルギーを注げるので、そういうものを早く見つけてほしいと思います。

 

それが見つかれば、自分の前に立ちはだかる壁にも、壁に向かっていくことができると思うんです。

 

それが見つけられないと、壁が出てくるとあきらめてしまうということがあると思うので。

 

いろんなことにトライして。

 

自分に向くか向かないかよりも、自分の好きなものを見つけてほしいなと思います。

 

→最近の日本人はすきなことややりたいことがあるんだけれど、仕事や家族、世間体を気にしてトライしない人が多いようですね。

 

 1度きりの人生なので、周りを気にせずに何でもやりとことはやってみたらいいと思うんですが…

 
生き方

 

生き様というのは僕にはよくわからないですけど、生き方と考えれば、さきほどもお話しましたけれども、人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。

 

あくまで測りは自分の中にある。

 

それで自分なりにその測りを使いながら、自分の限界を見ながらちょっと超えていくということを繰り返していく。

 

そうすると、いつの間にかこんな自分になっているんだという状態になって。

 

だから少しずつの積み重ねが、それでしか自分を超えていけないと思うんですよね。

 

一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて、それは続けられないと僕は考えているので。

 

地道に進むしかない。

 

進むというか、進むだけではないですね。

 

後退もしながら、あるときは後退しかしない時期もあると思うので。

 

でも、自分がやると決めたことを信じてやっていく。

 

でも、それが正解とは限らないわけですよね。

 

間違ったことを続けてしまっていることもあるんですけど。

 

でも、そうやって遠回りをすることでしか本当の自分に出会えないというか、そんな気がしているので。

 

→イチローらしい言葉ですね。

 

 ぼくが言うのもなんなんですが、日々コツコツと行動を重ねた者にしか見えない景色があると思うんですよ。

 

 成功への近道は、毎日同じ時間にできれば時間を決めてやる。

 

 それを重ねることが唯一の道ですよね。

 

 イチローが毎日やっていたルーティンの大切さが身に沁みますね。

 

 
出来るだけ我慢をしない
 
僕、我慢できない人なんですよ。
 
 
楽なこと、楽なことを重ねているという感じなんですよね。
 
 
自分ができることを、やりたいことを重ねているので我慢の感覚がないんですけど、とにかく体を動かしたくてしょうがないので、こんなに動かしちゃダメだっていうことで、体を動かすことを我慢するというのはたくさんはありました。
 
 
それ以外はストレスがないように行動してきたつもりなので。
 
 
→ある程度我慢は必要だけれど、ストレスはためないようにするのが一番いい。
 
 ぼくは我慢という言葉が嫌いですけど、我慢をしたその先に自分へのご褒美だったり、なにか気分が乗るものがその先に待っていると、我慢ではなく自分への報酬への過程に過ぎないという考え方もできると思います。
 
 
 
自分のやりたいことを精いっぱいやるのみ
 
どこから成功で、そうじゃないのかって、まったく僕には判断できない。
 
だから成功という言葉は嫌いなんですけど。
 

メジャーリーグに挑戦するということは、大変な勇気だと思うんですけど、でも成功、ここではあえて成功と表現しますけど、成功すると思うからやってみたい。

 

それができないと思うから行かないという判断基準では、後悔をうむだろうなと思います。

 

できると思うから挑戦するのではなくて、やりたいと思えば挑戦すればいい。

 

その時にどんな結果が出ようとも後悔はないと思うんですよね。

 

じゃあ、自分なりの成功を勝ち取ったところで達成感があるのかというと、それは僕には疑問なので。

 

基本的には、やりたいと思ったことをやっていきたいですよね。

 

→成功とは、他人の目線から見るのではなく、自分自身の自己評価である。

 

 たとえ成功していても、毎日が仕事で精いっぱいだったり、寝る時間も遊ぶ時間もない人を見てきました。

 

 本人がそれを望んでいるのならいいのですが、もし成功という概念にしがみついているのなら、もう一度、自分に問いかけてみていただきたいと思います。

 

体験しないと分からない

 

アメリカに来て、メジャーリーグに来て、外国人になったこと、アメリカでは僕は外国人ですから。

 

このことは、外国人になったことで人の心を慮ったり、人の痛みを想像したり、今までなかった自分が現れたんですよね。

 

この体験というのは、本を読んだり、情報を取ることができたとしても、体験しないと自分の中からは生まれないので。

 

孤独を感じて苦しんだこと、多々ありました。

 

ありましたけど、その体験は未来の自分にとって大きな支えになるんだろうと今は思います。

 

だから、つらいこと、しんどいことから逃げたいというのは当然のことなんですけど、でもエネルギーのある元気のある時にそれに立ち向かっていく。

 

そのことはすごく人として重要なことではないかと感じています。

 

→日本国籍を持っている方の海外渡航率は、世界でも下位30パーセントに入るといわれています。

 

 日々の生活に精いっぱいで旅行に行けないのはしょうがないですが、とくに外国人労働者の上に立って働いている方には、少しでもいいから海外に行って、外国人という立場(アウエー感)を味わってほしいと思います。

 

 そうしないと家族のために海外に出て、言葉も文化も違う国で、必死になって働いている人の気持ちなど、分かるはずもないからです。

 

 もう一度、何のために彼ら彼女らは、日本で働いているのかということを考えていただけたら嬉しいです。

 

 

まとめ

 

イチロー選手は昔から天才と言われてきましたが、そういうことではなく、ただ単に自分の好きなことをやり続け、トコトンそれに付き合っていき、気が付いたら今の立場なった、というほうがしっくりくると思います。

 

継続は力なりこれを機にもう一度、自分に問いただしてみたいと思います。

 

イチロー選手28年間本当にお疲れさまでした。