yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

香港のおすすめドミトリー【L'etoile de Mer TST(海の星宿 尖沙咀)】

f:id:yasu843:20190919180021j:plain

 

今回はぼくが実際に泊まってみた香港のおすすめのドミトリーを紹介します。

 

香港は世界的に見ても物価が高い地域であり、物によっては日本よりも高いものもたくさんあります。

 

宿泊施設も日本よりも高い部類に入りますが、節約したいからと言って最安値のドミトリーを選んだのでは、まるでウナギの寝床のような場所になってしまいます。

 

もちろん重慶マンションや美麗都マンションのようなところはとっても狭いシングルルームなら、ドミトリーと値段もほとんど変わりません。

 

しかし、ある程度の清潔感が欲しいという方にはお勧めできません。

 

今回紹介するのはドミトリーの値段としてははっきりいって高いけれど、快適に過ごすことのできるところです。

 

 

 

✔ この記事はこういう人に見てほしい!

 

・ 今度香港に行くんだけれど、シングルルームは狭いって聞くし、共有スペースもないらしいし、かといってドミトリーもちょっとプライバシーがなくていやだな。出来たら、きれいなカプセルホテルみたいのがあると助かるんだけど…                          
 
あなたにピッタリのバックパッカーがありますので、ご紹介します。
 

 

 

場所

 

 

香港の空港についたら、市内までの移動手段はタクシー、エアポートリンク、バスとあるのですが、今回はA21番のバスを使いました。

 

google mapではMajestic Houseとなっていますが、まだ地図が古いままなので、場所は合っています。

 

バス停から歩いてほんの3分でホテルに到着します。

 

入り口

 

 

入り口はネイサンロードから少し入り、セブンイレブンの手前にあります。

 

細い入り口を通り、エレベーターで3Fに行きます(注:香港の階数の数え方はイギリス式なので日本の1階はG(グラウンドフロアと言って)で、日本の2階が1Fになります)。

 

 

チェックインは予約番号でできます。

(フロントには人がいないので、注意してください。ちなみに日本語の選択もできます。

 

部屋

 

 

部屋は男女共用が1部屋と、女性専用が1部屋の2部屋だけです。

 

男女共用の部屋はカプセルタイプのベッドが二段ベッドで計12台あったので、たぶん20人くらいは泊まれるんじゃないですかね。

 

肝心のベッドは固くもなく柔らかくもなくちょうどいい感じです。

 

空調は人によってはちょっと暑く感じるかもしれませんね。

 

他にもコンセントはもちろん(USBが2口ついていた(^^♪)読書灯(しかも3種類くらい照明を選択できる)鏡がついていて、間違いなく満点です♪

 

 

 

共有スペース

 

 

共有のリビングスペースはもちろんありますが、廊下にソファーと机を置いた感じなので、あまり期待はしないほうがいいでしょう。

 

でも、ぼくが泊まった時にはいつもすいていましたし、快適に作業は出来るはずです。

 

シャワー

 

シャワールームに関して言えば、特に可もなく不可もなくって感じです。

 

20人の宿泊客に対して、男女共同の部屋に1つ、リビングに1つ、あと女性専用ルームにあったと思います。

 

なので、基本的に朝も含めて順番待ちすることはなさそうです。

 

ただし、トイレとシャワーが同じところにありますので、誰かがシャワーを使っていたらトイレも使えない状態です。

 

アメニティはシャンプーとボディソープは備え付けで、フロントには歯ブラシもあり、もちろんバスタオルもドライヤーもありました。

 

価格と評価

 

agodaでの評価は☆8、8なので、他の香港の格安独房シングルルームに比べても、格段にいいですね♪

 

平日予約で約5千円でした。

 

香港は基本的に日本よりも物価が高いので(特にホテル代は高い)それでもお得な部類に入ると思います。

 

 

その他

 

チェックインはすべてタブレットで完了させる(ネットで予約した予約番号が必須)必要があるため、ほとんどの人には問題ない思いますが(日本語の案内の選択もできます!)、普段からスマホを使っていない人だったり、年配の方には厳しいかもしれません。

 

もし、操作方法が分からずチェックインができない場合には、一応電話番号が書いていますが、相手とは英語か中国語の会話になるので、注意が必要です。

 

 

総評

 

ぼくがもしまた香港に泊まるとしたら、重慶マンションのウナギの寝床(部屋まで辿り着くのにエレベーター待ちがホントに大変!)に泊まるなら、あと1000円プラスして、ここに泊まります。