yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

【初めてのバンコク】に行くべき場所

 

今回は初めてタイのバンコクに訪れる際に、行っておくべき場所を紹介したいと思います。

 

ちなみにぼくが初めてバンコクを訪れた際には、空港からカオサンロードに直行して宿を取り、その周辺で生活し、そこからチェンマイにカオサンバスで行ったので、初バンコクでは、スクンビットもゴーゴーバーも見ないで素通りした苦い経験があります。

 

そこでみなさんには、生涯1度のバンコクでも十分楽しめるように、見どころを紹介したいと思います。

 

 

f:id:yasu843:20181216145003j:plain

 

 

 

 

カオサンロード

 
ここは世界のバックパッカーの発祥の地と言われるほどに有名な場所です。
 
1990年代入ってから、世界中のバックパッカーがタイ国内や近隣諸国に行く前に立ち寄るいわば『オアシス』的な存在でした。
 
今でももちろん世界中のバックパッカーも多いですが、有名なクラブができてからタイの若者が大勢押し寄せさらに賑わいを見せています。
 
カオサンロード内はタイ人よりも欧米人や東アジア人のほうが多いほど多国籍です。
 
屋台料理も有名なので、食べ歩きながら異国の雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。
 
 

MBK(マーブンクローンセンター)

 
MBKとはショッピングモールのことで、日本で言えばイオンというよりも西友とドン・キホーテが混ざったような感じです。
 
タイの雑貨や、Tシャツなどのお土産を買うのにもいいですし、バンコクの雰囲気を味わうために行くのもいいでしょう。
 
平日休日問わず人が多くごちゃごちゃしているため、もし行くのであれば午前中をおすすめします。
 
 

ターミナル21

 
ターミナル21とはショッピングモールのことで、日本で言えばイオンモールのような感じです。
 
交通の便も非常によく、バンコクの中心地BTSのアソーク駅から直結、そしてMRT(地下鉄)のスクンビット駅から直結しているため雨にもぬれずに行けます。
 
フロアはローマ、パリ、ロンドン、イスタンブール、東京、サンフランシスコ、カリビアンと世界各国の都市のフロアからなっており、名前の通り空港をイメージして作られています。
 
バンコクの最先端のファッションやお土産、そして上階のフードコートでは街中の屋台並みの値段でタイ料理を食べることができ、衛生面や暑さが気になる方でも、安心して手ごろな値段でタイ料理を満喫することができます。
 
外国人が多いためタイ語や英語が出来なくても、料理の写真を指差せば注文できるので、初めて行く方でも簡単に注文が出来てしまいます。
 
なお上階は有名なホテルになっているので、ここのホテルに泊まってみるのもいいのではないでしょうか。
 
 

セントラルワールド

 
セントラルワールドとは東南アジア最大級のショッピングモールのことで、日本で言えば越谷レイクタウンのイオンや、ららぽーとみたいな感じでしょうか。
 
交通の便も便利でBTSのチットロム駅やサイアム駅から徒歩で行けます。
 
中には日本の伊勢丹も入っており、ちょっと高いけど日本直輸入の日本食品や、有名日本食チェーン店や紀伊国屋、ユニクロなどもあり、現地では日本が恋しくなった時のお世話になる場所です(笑)
 
 

ゴーゴーバー

 
やっぱりタイと言ったらゴーゴーバーでしょうか。
 
ゴーゴーバーとはステージで踊っているダンサーを呼んでお話したり、ホテルに持ち帰りしたりすることのできる男の遊び場です。
 
(女性の方向けにはゴーゴーボーイという男のダンサーが踊っているところがありそちらがおすすめです。なんといっても見どころはショータイムのようなのですが、ぼくは行ったことがないので詳細は不明のままです。)
 
バンコクでは有名な場所が3か所に固まっており、ナナプラザ、ソイカウボーイ、パッポン通りにあります。
 
主なお客は現地の駐在員だったり、世界各国から来た旅行者だったり、たまに女性の方も見られます。
 
もちろんドリンク1杯の料金しかかからないので、行ってみることをおすすめします。
 
 

ウィークエンドマーケット

 
チャトゥチャックウィークエンドマーケットはバンコクの北のほうにあり、中心地から電車で20分くらいで、BTSでもMRTでも両方で行けます。
 
名前の通り、土日のみしか開催されないので、短期旅行の方は注意が必要です。
 
雑貨や古着、家庭用品、アクセサリー、家具、ペット用品、ガーデニング用品、工芸品、乾燥食品、食品など15000店もありとにかく”何でも”売っているので、その規模には驚かれることでしょう。
 
開催日はすごい人出となるため、スリや熱中症に注意が必要となります。
 
敷地内は広大で迷路みたいなので、何店か見て回って安いところで買うとかもいいのですが、値段も大して変わらず逆に元のお店の場所が分からなくなって余計に体力が消耗するだけなので、欲しいものを見つけたらすぐにその場で買うことをおすすめします。
 
 

バイヨークスカイタワー

 
バンコク1高い88階建てのビルです。
 
84階には野外の回転式の展望台があり、77階にはバーもあり、バンコクならではの優雅な気分を味わえるのは間違いありません。
 
下の階にはショッピングセンターやホテルも入っており、何かと便利です。
 
 

メークロン線路マーケット

 
メークロン線路マーケットとはバンコク近郊で、線路の上に商品を並べて売っている市場のことです。
 
しかもその線路は実際に使われて、毎日電車が通過するたびに商品を一旦どかし、電車が通り過ぎたらまた商売を始めるといったスリルの溢れるマーケットです。
 
バンコクからはバスで2時間ほどで到着します。
 
特に珍しいものは売っていませんが、実際に電車の走っている線路での商売は珍しいので、毎日多くの観光客が押し寄せ有名な観光地になっていることは間違いありません。
 
 

ダムヌン・サドゥアク水上マーケット

 
ダムヌン・サドゥアク水上マーケットとは、幅の狭い川の上をボートに商品を載せて売っているマーケットのことです。
 
バンコクでは観光の名所で、毎日のように世界中から観光客が押し寄せてきます。
 
日用品から食料品まで、とにかく小さいボートの上にのせて売っている姿は圧巻です。
 
 

トゥクトゥクに乗る

 
トゥクトゥクとは東南アジアで普及している三輪のバイクタクシーです。
 
特徴は何といってもあのうるさいエンジン音!!
 
しかし、あのエンジン音を聞くとタイに来たという感じになるから、不思議と嫌な感じはしません。
 
初めてのタイなら1度は乗ってみましょう。
 
基本的にタクシーと同じ感覚で使えますが、メーターもなくタクシーよりも割高なので、1回乗れば十分という感じです。
 
 
 
いかがでしたか、あえて寺院観光は外させていただきました。
 
ガイドブックを見ればいくらでも情報がありますからね。
 
 
あなたのバンコク観光はどこに行きますか?