yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

【お金を貯めたい】ならまずは固定費を下げるべき

 

人生でお金を貯めたいと思う時期は必ず来ると思います。

 

例えば、やりたいことの実現のためにもう一回学校に通うとか、海外旅行をしたいから貯金するとか、または将来のためにお金を貯めておくのもありますね。

 

今回は固定費(毎月必ず払うお金)の節約について説明していきます。

 

f:id:yasu843:20181216043739j:plain

 

 

まず家賃を下げるべき
 
お金を貯めたいという目的があれば、まず最初にもっともお金がかかる家賃を減らしていきましょう。
 
今住んでいる場所が会社から離れた場所ならば、会社の近くに引っ越して家賃を下げ、さらには交通費や時間の節約にもなり、一石二鳥以上の徳になります。
 
もちろん会社から通勤圏内の場合には、実家や親戚の家、友達の家に住ましてもらってもいいでしょう。
 
それは迷惑がかかるとか、実家暮らしで恥ずかしいから嫌だとか、プライドが許さないといった考えがあるなら、1人暮らしでもいいでしょう。
 
しかし、お金が貯めるのを第一目的に考えるのならば、一番手軽にできることなので、考えてみましょう。
 
それと時間がある人におすすめなのが、あえて風呂なしのアパートに住み、風呂は近くのジムのシャワーで済ますという方法もあります。
 
ジムは月に1万円もあれば契約できますから、家賃が今の半分以下になるでしょう。
 
しかし、風呂なしの安いアパートは建物も古く壁も薄く、しかも最下層の人間が住んでますので、騒音や近所迷惑な行為が日常茶飯事なので、それも踏まえて考えてみましょう。
 
あと、若い人におすすめなのが、シェアハウスに住むというのもあります。
 
初期費用を抑えられるうえに、入居審査もほとんどなく年齢さえクリアしていれば誰でも住むことができます。
 
新しい友達を作りたい方や、外国人と友達になりたい方、1人暮らしはなにかと不安な方などは、参考にしてみてはいかがでしょうか。
 
コスパと出会いが魅力のシェアハウス日本最大手オークハウスが入居者募集中
 

 

 

 
次に食費、光熱費の削減
 
次にお金がかかるのは、食費です。
 
毎日、昼食の時間に外で食べている人は明日からお弁当を持参しましょう。
 
それで月に1万円は節約できると思います。
 
毎朝お弁当を作るのがめんどくさい方には、弁当箱5個買ってきて休みの日に1週間分をまとめて作り、弁当箱に詰めあとは冷凍庫に入れておき、朝カバンに入れて持っていくだけでいいです。
 
ぼくは週に6日働いているので、3日分をまとめて作り、冷蔵庫に入れて保管していますが、4日以上まとめて作る場合は冷凍しておいたほうが安心でしょう。
 
3日分作るのに大体20分くらいでできますが、慣れていない最初のほうは、週末にまとめて作ったほうが平日は楽なので、おすすめします。
 
一番楽なのは、スーパーで売っているお惣菜をそのまま詰め、あとはご飯だけを家で炊いて弁当箱に詰めれば誰でもできちゃいます。
 
次にスマホ代の節約です。
 
今の契約しているスマホのキャリアがau、softbank、docomoの場合にはすぐに格安simに乗り換えましょう。
 
解約金1万円以上取られたとしても、年間で見れば確実にお得ですし、月々に料金も5千円は下がるでしょう。
 
お金を節約したい人は今すぐに変えるべきです。
 
あと電気代も、電力自由化で好きな電気会社が選べますので、あなたの住んでいる地域で、一番安い電気会社を過去1年の電気料金と比較して契約すれば、年間1万円くらいは節約できるはずです。
 
 
食費、光熱費等をクレジットカード払いにする
 
毎日の食費や光熱費、消耗品費や外食代などをすべてクレジットカードで支払うことです。
 
それによりクレジットカードのポイントが貯まり、そのポイントで必要なものを買ったり、楽天カードの場合には毎月に支払い料金をポイントを使って支払うこともできちゃいます。
 
とにかく毎月の支払いをできるだけクレジットカードですれば、月に1000円分くらいは貯まるのではないでしょうか。
 
たった1000円といっても、節約は積み重ねですので、1000円も10貯まれば1万円になりやがて100万円になるので、コツコツと節約できるものは節約していき、結果的にちりが積もって大きい金額になるのです。
 
他にも、税金の節約、保険料の見直し、転勤して給料を上げる、副業、地域コミュニティの利用など多くの節約方法があります。
 
何よりも一番大事なのは、期間を決めて節約し、毎日節約してても辛いだけなので、たまに自分にご褒美を与えてあげると、長続きすると思います。