yasuの日本脱出計画

日本でせこせこ生きながら、海外移住を目指します。

【早期リタイア】するためにはどうしたらいいか?

 

 

今回は出来るだけ早くリタイアして、人生を思う存分楽しみたい人向けの記事です。

 

f:id:yasu843:20181106115049j:plain

 

まずは十分な予算を確保する
 
これを読んでいるほとんどの人は今現在、十分な資金がないと思います。
 
資金があればあるほど早期リタイアに近づくので、まず最初にリタイアしてから10年分の生活費を確保することです。
 
それから月に5~10万円の副収入があるといいですね。
 
10年分の生活費と言っても人それぞれで、1000万円あれば十分という人もいれば、1億円あっても足りないという人もいるでしょう。
 
最近ネットでは月5万円生活の記事をよく見かけますが、現実的に日本国内では月の生活費5万円はほぼ不可能と言っていいでしょう。
 
月5万円生活が可能な都市としては、タイのチェンマイ、ベトナムのホーチミンシティ、台湾の台中などがあげられます。
 
cubさんは台湾の台中で実際に月5万円生活を送っており、他にも東南アジアの都市を中心に月5万円で生活できるところを探しています。
 

 

 

どうやったら早くお金を貯められるのか?
 
今現在この記事を見ている方は、まだ資金は十分ではないけれど将来的には出来るだけ早く退職し、残りの人生を楽しみたいという人が多いと思います。
 
1番手っ取り早い方法は大金を稼ぐことなんだけど、多くの人にとって大金を稼ぐことは困難なことであり、地道に貯金をしていくしか方法はないのでしょうか。
 
もし今サラリーマンをしているなら、家も会社の近くのもっと安いところに変え、毎日自炊をし、無駄遣いしないようにすれば今よりも5万円は多く貯金ができると思います。
 
でも今の収入が手取り20万円で、貯金なんて持っての他。毎月カツカツでギリギリの生活をしているなら、思い切って転職するか、副業をしないと定年まで待つことになりかねません。
 

 

もし今の仕事を早いうち辞め、将来的に転職または独立したいのであれば早めに行動に移すことをおすすめします。

 

人間は本来、今いる環境から抜け出すことと拒絶する生き物なので、やる気がある今のうちに早めに次の職を探しながら上司に退職の旨を伝えたほうがいいでしょう。

 

もし、今の職を辞めたとしても死ぬわけではないし、あなたの知らない世界が他にもいろいろとあります。

 

新しい職場の面接で、最初に給料についてお話をしたほうがいいでしょう。

 

なぜなら一度入社してしまうと給料がグンとアップする訳でもなく、もし上がるとすれば昇進した時や成果が出た時くらいでしょうか。

 

みなさんが思っている以上に入社してからの給料交渉は嫌がられることがありますし、もし給料を今の倍もらいたいなら最初の面接で交渉するしか術はないと思います。

 

 

お金を貯めるためだけに働くのもあり?
 
今の給料が安くて、1000万円貯めるのに20年はかかると言ったら早期退職は夢のまた夢なのでしょうか?
 
そんなことはありません。
 
住み込みで働けば給料のほとんどは貯金に回せますし、何なら月に20万円を貯めるのも簡単です。
 
給料が高い住み込みの仕事は、期間工や農業、あとはリゾートバイトなどがありますが、まだ20代ならワーキングホリデーでオーストラリアに出稼ぎに行くのもありでしょう。
 
今は3年間滞在できるビザが検討中ですが、現在の制度では最長2年間まで滞在し仕事ができます。
 
もしオーストラリアで2年間働けば、500万は最低でも貯めることができるでしょう。
 
日常会話程度の英語ができて、大型トラックやけん引の免許があれば時給3000円も簡単に稼ぐことができます。
 
 

 

 

まずは未来予想図を立てることが大切!
 
よくありがちな話ですが、将来的には海外に住みたいとか独立したいという人がいますが、そういう人は計画も何もなく”出来たら“の意味で言っているので、よっぽどな人生の転機がないと実現するのは現実的に無理でしょう。
 
思考を現実に変える人の多くは、数年後の計画まできちんと立てそれを逆算して今日やることをやり、1日1日を全力で生きています。
 
それなので何となく毎日を生きている人は、残念ながら計画は叶うはずもなく気が付いたら年月だけが経ち、友達と飲みに行っては過去の夢を肴に語っている人生で終わるでしょう。
 
まず初めの一歩は、
何年後に退職してリタイア生活を送るのか?
そのためには今何をすべきか?
今日からやれることは何か?
を、このブログを読み終わったら考え、紙に書いてください。
 
それから計画を練っていけばいいし、なんなら今から行動してもいいと思います。
 
 
あなたの未来が明るくなることを信じて