yasuの日本脱出計画

日本でせこせこ生きながら、海外移住を目指します。

将来フリーランスになるためにバイトをして時間を作る

 

ぼくは将来的にはフリーランスになって、好きな時に海外に滞在しながら仕事をしようと思ってます。

 

そのために前までやっていた寿司屋の仕事を辞め、バイトで生計を立てています。

 

 

f:id:yasu843:20181118051914j:plain

 

 

時間がないなら作ればいい
ぼくも前までは、仕事がある時は家にいる時間が6時間くらいでして、将来の独立に向けての作業どころか、睡眠時間もろくに取れない生活をしていました。
 
でも、今は正社員の仕事を辞めてバイト生活ですが、毎日の睡眠時間は8時間ですし、給料も5万円ほど上がりました。
 
もちろん作業時間がもっと欲しい時には、睡眠時間ではなく、仕事時間を減らして作業するし、1週間単位の休みならいつでも取れる状態なので、思い立ったら明日からでも海外に行けたりもします。
 
もしこのまま寿司屋の仕事を続けていれば、今頃はドイツのフランクフルトで働いていたと思いますが、海外の1か所で働くよりは、好きな時に海外に行けることのほうがいい判断し、来年の独立に向けて日々勉強しています。
 
 
バイトでガッツリ稼いで貯金するのもあり
 
今正社員の方で、目標もなくただみんなが就職活動しているから自分も何となく面接し、今の会社で働いている。という人には一刻も早く辞めることをおすすめします。
 
これからの時代は、大企業の正社員でなくても普通に稼いで生活していけますし、なんならフリーランスで働いたほうが給料もいいし、時間を自由に使うことだってで来ます。
 
もし貯金がないなら、1年くらい住み込みのリゾートバイトや、ワーキングホリデーで貯金をしながらみっちり勉強することだってできます。
 

 

どんなバイトが稼げるのか?
 
1 飲食店
 
街のあちこちにある飲食店の求人。
 
飲食店のバイトのいいところは週1日、1日3時間から働けて、まかないが食べれるところです。
 
家から徒歩数分で何かしら求人募集している飲食店があると思いますし、よっぽど変な人でない限りほとんど普通にしていれば面接は受かると思います。
 
もし履歴書に負の経歴があったら、絶対に書かないことをおすすめします。
(~~の仕事をクビになったとか、~~の仕事で向いてないといわれたとか、~~の経験はない)などです。
 
バイトごときに経歴など調べられることはまずないです。
 
あと、面接のときにもし3か月で辞めると決まっている場合でも、長期希望にして、急に辞める場合もホントのことを言う必要はなく、海外の仕事が決まったとか、急に実家に帰らなけらばなくなったとか、絶対を要する理由を言えばたいていはすんなり引き下がってくれます。
 
もし無理やり引き留められたら、給料アップとか条件の交渉をしてみましょう。
 
でも、バイトを無理やり引きとめるのはだいたいブラック企業で経営状態がカツカツの会社なので、ここはすんなりとお別れしたほうが身の為です。
 
会社側としては、求人募集をかけるのもお金がかかるので、できれば同じ人に長く働いてもらいたいですからね。
2 単純労働
 
単純労働とは主に肉体労働で基本的に誰でもできる仕事です。
 
宅急便の荷物の仕分けから、コンビニ弁当の盛り付け、文房具のピッキングまで幅が広いです。
 
基本的に誰にでもできるので、上は60歳以上の方も働いていています。
 
時給も飲食店よりはいい場合が多く、今のご時世時給1100円でもなかなか人が集まらないことが多々あります。
 
都心の方の倉庫街になると、時給1500円からのところとか、希望すれば月に40万円ももらえるところがあり、選択肢は多いです。
 
ネックは、工業地帯とか倉庫が集まっている場所にしかない場合が多く、通勤に時間がかかることです。
 
ぼくも今の仕事は肉体労働ののですが、仕事中は誰にも話しかけられることもなく自分のペースで仕事ができ、勝手に休憩に行けるので、精神的には前やっていた寿司屋と天と地の差くらい違います。
 
自分に合う仕事を見つければたいていのストレスはないでしょう。
 
3 住み込み
 
住み込みのバイトについては以前の記事で紹介しましたが、何といってもおすすめはリゾートバイトです。
 

 

 

リゾートバイトとは、スキー場や温泉街など休みの日に泊りがけで来る場所であり、そのスタッフは全国各地から派遣されてきた人が多く、ほとんどが住み込みで働ける場所のこと。

 

現地までの交通費や仕事期間中の宿泊費はもちろん、何と食事までが無料で収入のほとんどを貯金に回せるから、短期間でお金を貯めたい人や、借金を返したい人などに大人気です。

 

例外にオーストラリアでのワーキングホリデービザを取得して、農業でガッツリ貯金もできます。参考までに。

 


 


 

 

 いかがでしたか。

 

1度しかない人生、悔いがないように選択したいですね。