yasuの日本脱出計画

日本でせこせこ生きながら、海外移住を目指します。

出来ることなら会社に行かないで生活したい人たちへ

 

読者の皆さんは日々一生懸命に働いていると思いますが、なぜ人は働いているのでしょうか?

 

出来ることなら、働かないで海外のリゾートにでも行って毎日好きな時間に起きて、好きなことをして暮らしたいとう人も多いのではないかと思います。

 

今回は1週間に数時間しか働かないで、人の10倍もの給料を稼いで、悠々自適に暮らしていく方法を紹介します。

 

f:id:yasu843:20181024123458j:plain

 

 

 

どうしたら働かないでも暮らせていけるのか?
 
みなさんが働く理由はほとんどの人が、生きていくための生活費を稼ぐことだと思いますが、悠々自適に暮らしている人は、どのようにして稼いでいるのでしょうか?
 
例1
 
これはみなさんが想像する通り、親が金持ちでその仕送りや、財産、不労所得で何もしなくてもお金が入ってくる恵まれた人ですね。
 
こういう人たちはみなさんの想像通りなのであえて説明はしません。
 
例2
 
2番目は一生懸命働いて資産を貯めて早期退職した人たちです。
 
今でも20代に資産を何千万円も貯めて退職し、そのお金で投資をして海外で生活している人も結構いますね。
 
投資ももちろん元手がなければできませんので、最初にお金を稼いで貯める必要があります。
 
例3
 
これは今はやっているリモートワークによるものです。
 
リモートワークとは仕事場所にとらわれずパソコン1台あれば働けるので、家にいようが海外にいようが、ネットがつながる環境があればどこでも仕事ができます。
 
例えば、WEBプログラマーや、デザイナー、翻訳家、投資家、ブロガー、youtuberなどがその部類に入ります。
 
たまに担当者の方と会って仕事の話をしたり、Skypeで会話したりしますが、基本的にはメールで済ませることも多く、1人でのんびりと自分のペースで仕事ができるので時間や場所に縛られることなく、仕事ができます。
 
もちろんある程度の経験や技術がないとそう簡単には稼げないのですが、一度軌道に乗ってしまうと、あとは楽に稼げるので、おススメです。
 
 
今からできることはないのか?
 
もし明日からでも会社に行きたくない人は、今日から今週末から一日1時間でもいいので、時間を作りましょう。
 
そんなことを言っても、毎日残業で家に帰ってくるのは12時前で、何をするにも体力も気力も残っていないというならば、思い切って残業をしないで帰れるか上司に聞いてみましょう。
 
みんなが働いているのに自分だけ早く帰るなんて、そんなことできる訳がない。という人は周りに合わせて、これからの人生社畜としての一生暮らしていくので、会社を辞めて新しいことに挑戦するか、このまま不平不満を言いながら定年まで我慢する人生かどちらかしかありません。
 
会社を辞めてもバイトで月に30万稼げるとこはいくらでもあります。
 
そしてその空いた時間に、新しいことの勉強や、副業をやって徐々に経験を積みお金にかえていくことを目指していくのです。
 
ぼくが思うに一番簡単なのは、ブログです。
 
いままでの経験や、自分の得意なジャンルの話、趣味や好きなことの話などネットで書いてみれば、必ず少なくとも1人は同感してくれる人がいて、そういう人向けに詳しく書いていけば、やがてファンが増え収入にもつながるでしょう。
 
もちろんやり始めて1か月そこらでは結果は出ないので、すぐに稼げると思うのはやめて、今の仕事をしながら、少しずつ副業を積み重ねていって数年後に本業の収入を上回ったら退職する方向でいいと思います。
 
この記事を見て感心して、よし自分もやろう!って思うのはいいのですが、一番大事なのはやる気ではなく行動なので、思い立ったが吉日!すぐにやるのがベストチョイスでしょう。
 
今は不労所得で悠々自適な生活している人も、初めは半信半疑で1日1日を積み重ねていくうちに、いつのまにか生活できるだけの収入を得られるようになり、気が付いたら何もしなくてもお金が有り余るほど入ってきているのでしょう。
 
千里の道も一歩からということわざ通り、まずはやってみることをおススメします。