yasuの日本脱出計画

日本でせこせこ生きながら、海外移住を目指します。

仕事がホントにつらくなった時には逃げることも必要

 

今回は仕事をしていてもう我慢が出来ないくらいに辛くて、限界が来た時にはどうするべきかを提案します。

 

f:id:yasu843:20181021130321j:plain

 

 

 

今やっている仕事は楽しいですか?
 
現在の日本のサラリーマンや、サービス業界では残業が月に100時間を超えることも珍しくなく、最悪の場合は会社に泊まっている人もいることでしょう。(残業時間とは月の平日日数×8以上の時間のこと)
 
それが良いとか悪いとかではなく、今の仕事が楽しくやりがいがあり、毎日充実しているなら仕事時間が長かろうが残業があろうがいいでしょう。
 
しかし、嫌々やっている仕事で毎日のように残業があるときついですね。
 
ぼくも昔は、寿司屋で働いていたので、平均で月の残業時間が150時間を超えていました。
でも、仕事は楽しくやっていたので、眠いこととプライベートの時間がないことを除けば、それほど苦痛ではありませんでした。
 
仕事は精神的と体力的にきついことがありますが、どっちかというと精神的につらいことのほうが嫌でしょう。
 
昔、肉体労働のバイトをしていた時、体力的にはすごっくきつくても、精神的には逆に仕事場のほうが家にいる時よりも楽しかったので、何とか続けられました。
 
しかし、肉体的に楽でも精神的につらいと、毎日仕事のことを考えマイナス思考になり、休みの日でも次の仕事のことを考えるとせっかくの休みでも楽しめないということが起こります。
 
 
なぜ、仕事をしているのか?
 
明日、仕事に行くのが嫌な人はなぜ仕事をしに行くのか考えてみましょう。
 
ほとんどの人はお金を稼ぐために行くと回答することでしょう。
それが苦痛の原因なのです。
 
そんなこと言ったって、お金がなければ生活できないし、家族も養っていけない、子供を学校に通わせることもできない、と批判されるでしょう。
 
もし、会社に行ってもお金がもらえなかったら、ほとんどの人は行かないと思います。
 
ほんの一握りの人は、お金がもらえなくても自分の好きなことをやっているから会社に行く。という人もいるでしょう。
 
それが大事なのです。
 
あなたは子供の頃なりたい職業というのはありましたか?
 
プロ野球選手、医者、料理人、パイロット、といろいろな夢があったのに、今では毎日満員電車に揺られて嫌々会社に行き、楽しくもない仕事をこなし、休日も家で寝てばかり、こんな人生は社畜と一緒で、自分の人生を生きているのではなく、会社の奴隷として生きているのです。
 
他にもお金を稼ぐ方法があるのに、今の日本人は本当に行動力がなく、新しいことを始める気力も勇気もない人が大勢います。
 
 
会社に行きたくない人はどうするべきか?
 
まず会社に行きたくない人は、他にお金を稼ぐ方法を考えるべきです。
 
もし、月に会社の給料以外で30万円も稼げれば、会社に行く必要はなくなりますね。
 
では、実際になにをしたらいいのでしょうか?
 
それは自分の得意なことや、好きなこと、会社でやっていることでもいいですし、何ならこれから新しいことを始めるのもいいでしょう。
 
例を挙げると、写真を撮るのが好きだから、日本各地や海外を旅行して、写真をいっぱい撮り、ネットで販売する。
 
パソコンのプログラミングの仕事をしているから、個人でネットで仕事を探してみる。
 
将来的に会社を早く辞めたいから、ブログを今日から学習し、1週間に3日更新できるようにする。
 
平日は自慢の愛車が車庫に眠ったままなので、乗りたい人に貸し、収入を得る。
 
とか、いろいろあります。
 
 
何よりもまずは行動!
 
この記事を見て、明日会社に行きたくないなあ、という人がいたらまずは感心するのではなく、行動し、実行してください!
 
別に今の仕事でなくても、家族は養っていけるし、今からでも新しいことを始めるには遅いことなんてありません。
 
今の給料を維持したいなら、バイトしながら、奥さんにパートをしてもらいましょう。
 
愛する旦那が、新しいことに挑戦したいといい、目を輝かせているなら奥さんもNO
とは言わないで、協力してくれると思いますよ。
 
 
1に行動、2に行動、3,4がなくて5に行動というくらい行動力が大事なので、お忘れなく!