yasuの日本脱出計画

日本でせこせこ生きながら、海外移住を目指します。

【東京ゲストハウス】その他編

 

今回は東京都内各地のゲストハウスを紹介します。

 

ではどうぞ。

 

EMBLEM HOSTEL 西新井
 

f:id:yasu843:20181017115519j:plain

 
エンブレムホステル西新井は東京スカイツリーライン西新井駅東口から徒歩1分の場所にあります。
 
西新井駅は北千住駅から5分、上野駅から20分と都内のベッドタウンの町として知られています。
 
ここのベッドのマットレスは、米国老舗のSimmonsが誇るポケットコイルマットレスを使用しております。
 
さらに毎週金土日曜日には国際交流meet upがあり、宿泊客の外国人の方と交流ができるようになっています。
しかも参加は無料なので、参加するしかないですね。
 
朝食はついていませんが、300円で食べることもできます。
 
ホステルの1階はジムになってるので、宿泊客は2時間500円で利用することもできます。
 
レセプションフロアのカフェラウンジや、別の階にあるコミュニティスペース、さらに開放的なオープンテラスもあるので、ノマド作業にも最適ですね。
 
場所は都心からちょっと遠いけれど、設備やその他のサービスがとてもよくおススメです。
 
1泊2000円からとなっています。
 

 

 

GRIDS AKIHABARA
 

f:id:yasu843:20181017121639j:plain

 
 
 
GRIDS AKIHABARAは山手線の秋葉原駅、総武線の浅草橋駅ともに徒歩10分の場所にあります。
 
客室も女性専用ドミトリーや、ファミリールーム、さらには和室のプライベートルームまで幅広く活用できます。
 
もちろんラウンジもあり、他の旅行者と交流もできますが、ここはどっちかって言ったら日中は外で観光を楽しみ、夜寝るためだけに帰ってくるホステルです。
 
場所柄とても便利なので、観光目的の方にはお勧めします。
 
他の旅行者との交流目的の方は、他のところがいいと思います。
 
1泊3000円からとなってます。
 



 

サクラホテル 神保町
 

サクラホテルは、地下鉄半蔵門線、新宿線、三田線の神保町駅から徒歩2分と立地的にも東京のど真ん中に位置します。

 

他にもサクラホテルグループは池袋、幡ヶ谷、浅草、日暮里と東京都内にあります。

 

サクラホテルの最大の魅力は何といっても、トリップアドバイザーのエクセレンス認証を何度も獲得している点です。

 

外国人から見て居心地がよく、他の旅行者との交流も図れ、プライバシーもしっかりとし、ホテルにも日本らしさがあり、スタッフも各国の言語で対応ができ、海外からの旅行者にこのような評価をいただいているので、ここに泊まれば間違いはありません。

 

あまりにも居心地がいいからか長期で滞在される海外からのゲストいるようで、7泊以上泊まる方には、お得なプランもあります。

 

ドミトリーが2970円から、シングルルームが5170円からとなっています。

 



 

 

WISE OWL HOSTEL SHIBUYA
 

f:id:yasu843:20181018132244j:plain

 
WISE OWL HOSTEL SHIBUYAは、「君に必要なのは凡庸な長時間の睡眠ではない。へとへとになるような充実した経験と、くたくたになったあとの短時間の良質な睡眠である。眠っている場合ではない、東京を体感せよ!昼夜問わず感度を高めよ!それが本来のあるべき姿だろ」というコンセプトのもと、とにかく東京に旅行中は寝る間を惜しんで、観光や他の宿泊者とのコミュニケーションを図り、今日が人生最後の1日だと思って目いっぱい楽しめ!!ということですね。
 
なお1階のラウンジにて営業しておりましたFARMER'S TABLE MOTHERですが、2018年の2月を持ちまして、閉店しました。
 
これからはミートアップのイベントやワークショップを随時行っていく予定ですとあります。
 
東急田園都市線の池尻大橋駅から徒歩8分、京王井の頭線の神泉駅から徒歩8分、山手線の渋谷駅からは徒歩16分の場所にあり、1泊3500円からとなっております。
 


 

サムライズホステル 池袋
 

f:id:yasu843:20181018133655j:plain

 
サムライズホステル池袋は山手線の池袋駅から徒歩12分、有楽町線の要町駅から徒歩10分の場所にあります。
 
コンセプトは侍が住む部屋!なのでホステルは日本の皆さんが想像する忍者屋敷のように作られており、日本好きの外国人が泊まろうものなら、声を上げて喜びそうな内装になっています。
 
地下1階の共有スペースや、1階のエントランス、2階のダブルルームには日本の風景が描かれており、エントランスには武士の鎧と兜が飾られています。
 
1泊2600円からとなっています。
 
 

 

 

HOSTEL&COFFEE SHOP ZABUTTON
 

f:id:yasu843:20181018134859j:plain

 
HOSTEL&COFFEE SHOP ZABUTTONは1階がカフェになっており、宿泊客以外の方も利用できます。
 
場所は大江戸線の赤羽橋駅から徒歩2分と、東京のど真ん中に位置します。
 
土地柄、建物や部屋がちょっと狭い感じでしたが、白を基調としていて見た目にもとても清潔なので、女性のお客様が多い印象でした。
 
1泊3500円からとなっています。
 

http://www.zabutton.jp/

 

ゲストハウス品川宿
 
ゲストハウス品川宿は山手線の品川駅から徒歩12分の場所で、旧東海道沿いの昔ながらの商店街に位置しています。
 
スタッフも町の皆さんもとても親切なので、一回泊まったらついまたここに帰ってきたくなるような雰囲気が漂っています。
 
地域のお祭りやイベントも盛りだくさんで、もちろん宿のスタッフや宿泊者の方々も参加したり、時には踊ったりもしています。
 
1泊3500円からですが、アットホームな雰囲気なので、値段以上にお得感があり、リピーターも多いと聞いています。
 

 

 

Japan Hostel 深夜特急
 
Japan Hostel 深夜特急は、京浜急行蒲田駅から徒歩8分、JRの蒲田駅からは徒歩13分の場所にあります。
 
当ホステルは、元バックパッカーのオーナーがさまざまな旅先での移動に利用した寝台特急がモデルになっております。
各部屋ごとにデザインも異なるので、お気に入りの部屋をお選びください。
 
1泊3000円からとなっており、羽田空港にも近いので、朝早い便や乗り継ぎなどの場合の宿泊が便利です。
 

 

 

いかがでしたか。探せば23区すべてにゲストハウスがあると思います。

 

たまには有名な浅草や東京駅周辺ではなく、旅行者が少ないところにあえて泊まってみて、本当の日本を感じてみてはいかがでしょうか?