yasuの日本脱出計画

日本でせこせこ生きながら、海外移住を目指します。

海外ノマド候補地

 

ぼくは近い将来、海外を転々としながら生活していくノマドにあこがれています。

 

そこで今回はぼくが考えるノマドの候補地を紹介したいと思います。

 

f:id:yasu843:20180918131109j:plain

 

チェンマイ(タイ)
 
 
チェンマイはノマドランキングでも常にベスト3に入るノマドに人気の町です。
 
生活コストは月に10万円もあれば足りるでしょう。
 
シティは大きすぎず小さすぎず、レンタルバイクがあると便利ですが、1カ月1万円かかると考えれば、自転車や乗り合いのソンテウでも事足りるでしょう。
 
旧市街の北西にあるニマンへミン通りは、おしゃれなカフェや作業に適しているカフェが数多くありますが、旧市街でも不便は感じないと思います。
 
お酒が飲みたい方には、欧米人のノマドがいっぱい生活しているので、クラブやバーがたくさんあり、バービアも50件ほどあります。
 
観光客も多く、地元の人たちは英語を話します。
生活する分には困らない程度です。
 
真夜中でも治安はたいして気にはならないでしょう。
 
ぼくも3回ほど行ったことがありますが、本当に着飾らないでリラックスした雰囲気で過ごせる場所とでもいいましょうか。
 
 
バンコク(タイ)
 
バンコクもノマドランキングで常に上位を獲得しています。
 
チェンマイと大きく違うところは、都会で何でもそろっているので、誘惑に負けてしまうことです。
 
プロンポンからトンローにかけては、日本と同じ生活ができ、いつも日本食を食べ、日本のテレビを見て、温泉にも生き、日本人の友達と遊ぶ。ことが可能です。
 
もし海外にノマドしに行くなら、最初はチェンマイで軌道に乗せてからバンコクに来て生活するといいと思います。
 
最初からバンコクで生活すると、他の町に行ってもなんだか物足りなくなり、結局バンコクでしか生活できなくなるので注意が必要です。
 
 
パタヤ(タイ)
 
パタヤはバンコクからバスで2時間行ったところにある海沿いの町です。
 
ぼくはここがノマドのベストの場所だと考えています。
 
海沿いのカフェやデパートには、作業できる場所がいっぱいあり、少し中に入るとリタイア独り身の欧米人男性ばっかりの場所もあります。
 
世界3大聖地にもなっており、昼間っから自分よりも一回りも二回りも若いタイ人女性をはべらかして、バーでビールを飲んでいる腹の出た欧米人のじいちゃんばっかりなのですが、彼らは本当に人生を楽しんでいるのをみると、幸せな気分になります。
 
タイの最大の難点は、ビザが厳しいことですかね。
 
タイに入る前に申請し、現地で1カ月延長しても合計で3カ月しか滞在できません。
 
それ以上連続で滞在したい場合には、語学学校でEDビザを取るか、タイランドエリートクラブに入るか、投資ビザを取るかしか方法はないので、悩みどころです。
 
それなら、タイは3か月にしてほかの候補地を探してみましょう!
 
 
バリ島(インドネシア)
 
バリ島も有名ですね。
 
数年前まではネットがホントに遅く、ネットが速いカフェにでも行かない限り仕事をするには厳しい状態でしたが、ここ数年でネットのスピードは格段に速くなり、作業できるカフェもどんどん増えつつあります。
 
クタヤレギャンでは、海もあり、夜遊びもでき、生活するうえでは最高の場所ですが、おすすめは北のほうに行った、ウブドがいいと思います。
 
自然が豊かなとこで、ここ数年ノマドも右肩上がりで増えていますし、静かなところなので、仕事をするにはとてもいいです。
 
2015年には、ビザも30日間に限り、必要なくなりましたし、今もっとも熱い場所といっても過言ではありません。
 
 
台北(台湾)
 
台北もノマドランキングでは上位に位置しており、その理由は物価が安い、ネットが速い、などいろいろあると思いますが、治安がいいのがうれしいですね。
 
また日本語を話せる人も多く、英語よりも日本語のほうが通じやすいという噂もあります。
 
そして最近のLCCの発達で、日本から3時間1万円以下で行けることも大きな魅力です。
 
台湾は90日の滞在ができますが、一部の航空会社では帰りの航空券を提示しないといけないと聞いたことがあるので、そのへんはちょっと心配ですね。
 
それにしてもおすすめの台湾、ぼくは台北しか行ったことがないので、台中や高雄、台南にも行って調査してきたいと思います。
 
 
沖縄(例外)
 
海外でなくても日本でノマドと言ったら、沖縄ではないでしょうか?
 
一番の魅力は何といっても、パスポートがいらないことです!
 
気に入ればずっと住むこともできますし、海外に行ってビザに期限が来たら沖縄によってまた海外に行くのでもいいですし、東京や大阪のような息苦しさはなく、タイのようなだらーっとしたなんくるないさ~的な雰囲気があり、の~んびりと過ごせます。
 
しかも冬がないので、寒いのが苦手なあなたにもぴったりです。
 
 
 
バンクーバー(カナダ)
 
最後のおすすめはカナダのバンクーバーです。
 
なんでバンクーバーかといいますと、ぼくが最初に行った海外がバンクーバーだからです(個人的な理由でスイマセン)。
 
今ではバンクーバーの総人口の半分がアジア系で占められており、日本人にとっても居心地がいいことは間違いありません。
 
特に夏は昼間は暖かくて、夜になると気温15度くらいまで下がるので、本当に過ごしやすいです。
 
カフェも1ドルからありますし、ドミトリーも1泊20ドルくらいだから、1か月15万あれば足りるのではないでしょうか?
 
 
以上でノマドのおすすめ都市の紹介を終わります。
 
あなたのお気に入りはどこですか?