yasuの日本脱出計画

日本でせこせこ生きながら、海外移住を目指します。

【東京ゲストハウス】浅草編

今回は東京のゲストハウス「浅草編」を紹介します。

 

では、どうぞ。

 

f:id:yasu843:20181001032329j:plain

 

 

カオサン東京 
 
カオサン東京は、浅草を中心に6店舗構えるバックパッカーです。
他にも大阪に2店舗、京都に1店舗あります。
 
ここはチェーン店でも店舗ごとに個性が違っていて、宿自体がすぐ近くなので、泊まり比べしてみてもいいかもしれませんね。
 
では、紹介していきます。
 
カオサンワールド浅草旅館&ホステル
 

f:id:yasu843:20181001024759j:plain

 
ここは元はラブホテルだっだとこを改装して作ったホステルで、当時のラブホテルの雰囲気をそのまま残したお部屋、和風に改装したドミトリールームなどがあります。
 
共有スペースには調理器具と家電を備えたキッチンや、フード・ドリンクの自動販売機があり、食材を持ち込み自炊することも可能です。
 
場所は東京メトロ銀座線田原町駅、浅草駅ともに10分以内で、浅草寺や雷門も徒歩圏内です。
 


 
カオサン東京サムライ
 

f:id:yasu843:20181001025641j:plain

 
ここはドミトリーといっても、ベッドが並んでいるのではなく、プライバシーがあるカプセルタイプのお部屋です。
 
各カプセル内には、ロッカー・コンセント・鏡が設置してあります。
 
畳とちゃぶ台が設置してある共有ルームからは、スカイツリーが見えます。
 
お茶とコーヒーが24時間飲めるキッチンには調理器具後一通りそろっており、自炊も可能です。
 
場所は田原町駅と浅草駅から徒歩10分以内です。
 

 

 
カオサンワールド両国ホステル
 
 

f:id:yasu843:20181001032607j:plain

 
 
ここはカオサン東京グループの中でも新しいホステルで、2017年の4月にオープンしました。
 
ここの両国のコンセプトは「多様性」です。
 
ご友人・ご家族との旅行には3名様~10名様まで宿泊可能な個室を、ビジネスや就職活動の際には男女混合のドミトリー利用できます。
 
内装は下町情緒あふれるデザインが特徴で、高層階共有スペースには足湯があります。
 
もちろんキッチンもありますし、国技館で相撲を観戦したい方にはいいのではないでしょうか。
 
場所は大江戸線、JR線の両国駅から、徒歩5分の場所にあります。
 


 
 
カオサン東京ラボラトリー
 
こちらのホステルも浅草駅から徒歩10分以内の場所にありますが、とくに特徴がなく普通の訪日外国人向けのホステルなので、もし浅草でカオサングループに宿泊するなら上記のカオサンワールド浅草旅館&ホステルか、カオサン東京サムライに泊まるのがいいかと思われます。
 
 
カオサン東京オリガミ
 
 

f:id:yasu843:20181001032327j:plain

 
 
カオサン東京オリガミは、浅草寺からすぐの場所にあります。
 
お部屋はカプセルタイプとドミトリータイプがあり、マットの下に畳が敷いてあり、とても気持ちがいいです。
 
最上階の8階の共有スペースからは浅草寺や浅草を一望できるので、いちど泊まってみてはいかがでしょうか。
 


 
 
カオサン東京カブキ
 
ここも特に特徴はないです。
 
 
 
カオサン東京グループのバックパッカーを紹介しました。
 
おススメはドミトリーでいいならばカオサンワールド浅草旅館&ホステル、カプセルタイプがいいならカオサン東京サムライですね。
 
お値段は1泊2400円からとなっています。
 
 
kITSUNE SHIPPO
 

f:id:yasu843:20181001034231j:plain

 
 
キツネのしっぽは浅草駅から徒歩5分の場所にあるバックパッカーです。
 
1階のラウンジスペースはレセプションと喫茶店を兼ねており、夜からはバーになります。
 
お部屋はドミトリータイプですが、各ベッドにカーテンがあり、プライバシーが確保できます。
 
お値段は1泊3000円からとなっております。
 
 
Little Japan
 

f:id:yasu843:20181001040146j:plain

 
 
Little Japanは浅草駅から徒歩5分のところにあります。
 
ドミトリーやダブルルーム、女性専用ドミトリーもあり、各ベッドにはカーテン・貴重品ボックス・机・コンセントがついてます。
 
月極や、金曜日と土曜日を除く、日、月、火、水、木曜日限定で宿泊仕放題の年間Pass
1ヶ月1.5万円(年間18万円)などもあります。
 
1泊2450円からとなります。
 


BUNKA HOSTEL TOKYO
 

f:id:yasu843:20181001041539j:plain

 
 
このホステルは「日本人の感じる心地よさ」をどれだけ自然に引き出せるかをモットーにしていて、宿泊者は知らない間にこの空間の虜になっていきます。
 
1階にはバーもあり、お酒や手の込んだ料理が堪能できます。
 
浅草駅徒歩5分、1泊3000円からとなっています。
  


 

WIRED HOSTEL ASAKUSA
 

f:id:yasu843:20181001042443j:plain

 
 
WIRED HOTELは、WIRED CAFEなど、お洒落です先進的なカフェを日本国内で100店舗展開しているカフェ・カンパニーが運営するホテルです。
 
ドミトリーは3500円からあり、お金に余裕のある人は、プライベートバス付のお部屋で42000円となります。
 
内装は高級ホテルも兼ねてるだけあってほんっとにピカピカです。
 
場所は浅草駅徒歩3分になります。
 

WIRED HOTEL ASAKUSA | Local Community Hotel in Tokyo Japan

 

レトロメトロバックパッカーズ
 
 

f:id:yasu843:20181001043901j:plain

 

 
レトロメトロバックパッカーズは、地下鉄銀座線の田原町駅から徒歩6分のところにある一軒家を改装した小さなゲストハウスです。
 
ここのモットーは家庭的な雰囲気で、東京にいながら一歩ホステルに入るとゆったりと落ち着く雰囲気が漂っており、あまりの居心地の良さに、家に帰りたくなくなってしまうホステルです。
 
もちろん各ベッドには、コンセント・読書灯・ロッカーがついており、1泊2600円となっております。


 

 

いかがでしたか?

今回は浅草編を紹介しました。

 

浅草駅徒歩圏内にもこれだけゲストハウスがあるなんて驚きました。

 

あなたはお気に入りのゲストハウスは見つかりましたか?