yasuの日本脱出計画

日本でせこせこ生きながら、海外移住を目指します。

出稼ぎについて

 

f:id:yasu843:20180909051803j:plain

あなたは出稼ぎと聞いて、どんな印象を持ちますか?

 

なんだか大変そう、孤独でさみしそう、人生苦労してるねなど。

 

今の時代、目標に向かって大きくお金を貯めるなら、出稼ぎで一気に稼ぐのだ一番いい方法です。

 

なにせ大体住み込めなので、家賃がかかりません。都会で暮らしていると給料の3割くらいは家賃で持ってかれますが、出稼ぎの場合は、寮費が無料のところもたくさんあり、その分を貯金にまわせてお得です。

 

ほとんどは忙しい時だけ何か月か働いてくれと言われますが、その忙しいシーズンは休みもないくらい毎日仕事がありますし、その現場が終わったら、また違うところへ行けばいいだけなので、気にしなくて大丈夫です。

 

今回は僕が経験してた出稼ぎについて紹介します。

 

出稼ぎの目的はお金だけ?
 
出稼ぎと聞いて、お金を稼ぐことだけという印象ですが、実際は出会いがあったり、普段は遠くて行けない観光地に行けたり、ご当地のおいしいものを食べれたりと、いろいろな経験をすることができます。
 
ぼくは普段東京に住んでいるのですが、出稼いだ場所は、オーストラリア、北海道、長野と3か所に行きました。
 
オーストラリアではワーキングホリデービザで1年間滞在し、数多くの海外の友人もできましたし、貯金もそこそこできました。
 
北海道では、旅館での調理補助を通じて、当時目指してた板前の先輩からいろいろな話を聞けましたし、長野では、農業で野菜の育て方や、おいしい料理仕方を教わりました。
 
出稼ぎはお金と生涯の友人が手に入る
 
出稼いだ先のオーストラリアで知り合った友人とは今でも連絡を取っていますし、彼らが住んでいる国に会いに旅行したこともあります。
 
日本にいたら一出生会えなかったいろいろな国からの滞在者に出会えたことは、人生においてとても大きな1ページとなりました。
 
海外にまで出稼ぎにきた強者は人一倍行動力がありますし、今現在FacebookやInstagramをみても田舎の友達とは比べ物にならないくらい、いろいろなことに挑戦しています。
 
彼らの充実ぶりは刺激になりますし、負けてられないといった感情が芽生えてくるので、とてもモチベーションが上がります。
 
このように日本の約2倍ほどの時給がもらえるオーストラリアを推しましたが、他にも海外や日本各地にいろいろな出稼ぎ先があります。
 
 
 
いかがでしたか、本当にお金が必要になった時にはぜひ参考にしてみてください。