yasuの日本脱出計画

日本でせこせこ生きながら、海外移住を目指します。

これからの若者の将来

 

今回のテーマはこれからの日本の若者に未来はあるのか?というお話をしたいと思います。

 

結論から言いますと、日本は極致的な高齢化社会にともない労働生産人口の減少と、出生率の低下で経済を回す(お金を稼ぐ)人が減少しています。

 

f:id:yasu843:20181223141042j:plain

 

 

 

 

よく耳にする2025年問題とは?

 
・人口の20%が後期高齢者(75歳以上のこと)になる
 
・東京オリンピックが終わった後、日本を離れるノマドや外国人投資家が増加する
 
・地方の人口は減少するのに対し、都市圏の人口は減らず高齢者が激増する
 
・サービス業や肉体労働現場では外国人労働者がいないと成り立たなくなる
 
・出稼ぎ外国人の増加に伴い治安が悪化する
 
 
 
要するに若者が減り老人が増え、その代わりに外国人の出稼ぎ増加し治安が悪くなるということでしょうか。

 

その何がヤバいのかというと、現実的にお金を稼ぐ人がいなくなれば、そのしわ寄せがくるのは限りなく今まで一生懸命に働いて税金を納めてきた高齢者です。

 

税金の搾取する対象が減少することで、今までは仕事をしている人の割合が年金で生活している高齢者よりも多かったけれど、これからはもらう側が多くなり、単純計算で年金や健康保険、政府からの補助金などが貰えなくはならないけれど、確実に減ることを意味しています。

 

 

解決策はないのか?

 
シニア人材確保

 

リタイアした老人の方の中にも、まだ働きたいとか、年金では生活できないので、何か仕事はないか?とかいう人も出てくると思います。
 
現役の時には技術職や専門的に働いていた人などには、バイト感覚で週に2~3日でも働いて、若者に技術を託していってもいいでしょう。
 
また、なにも技術がなくてもコンビニやスーパーの店員、掃除や内職系の工場(若者はやらない)では高齢者もまだまだ戦力になるところが多く、必ず必要になってきます。

 

たまに働くことによって、身体を動かし脳を活性化させることで、医療費の削減や年金の受給を遅らせる効果が期待できます。

 

移民の受け入れ

 

移民の受け入れには反対意見があると思いますが、これからは移民がいないと人口が右肩下がりに減少することにより、日本経済の縮小、大学の倒産、財政難による地方自体の消滅など今まででは予想もしてなかったことが次々と起こります。

 

エリートには学費全額負担

 

北米やアメリカ先進国では当たり前になっている飛び級という制度をフル活用し、IQの高いエリートには学費を全額負担し生活費も補助し、将来の日本の核になってもらうようにしなければいけません。

 

現在のエリートは日本を出ていき、先進国の学校で学び、その国や他の国に移住してしまうことが多々あります。

 

それを食い止めなければ、日本にはエリートがいなくなり、誰も指揮することがなく国の腐敗につながっていくのだと思います。

 

働き方の変化

 
これからの時代は、素直に会社に行って仕事をしているだけでは将来貧困になることは目に見えてます。
 
ぼくの意見としては、
 
・親の意見は時代遅れ
 
・海外に目を向けろ
 
・お金は自分の力で稼ぐもの
 
他にもありますが、説明していきましょう。
 
 

親の意見は古い意見、今は時代が違う

 
あなたは学校に行く時や、就職先を決める時など親に相談すると思いますが、ぼくは事後報告でもいいと思います。
 
中には親に意見を求めて、夢をあきらめてしまった人や、せっかく掴み取ったチャンスを台無しにしてしまった人などもいるでしょう。
 
もちろん今まで育ててくれた親があっての自分なのですから、相談したり報告したりするのは当たり前でしょう。
 
それで真っ向から否定されても自分の意見を尊重し、チャレンジしていかないと親と同じように一生お金に振り回されてばかりの人生を送る羽目になるので、基本的に自分がやりたいことは反対されても押し通すべきです。
 
過去の成功者の例から見ても最初は出来るはずがないとか、馬鹿げているとかほとんどの人が反対していましたが、結果的に成功してから認められるようになり、歴史の教科書にも載るようになりました。
 
これからの時代は個性の時代なので、人と同じことをやっていては平凡な人生を送るだけではなく、生活するにも困難な状況が出てくると思います。
 
これからの若者にはぜひ、自分の意志を信じ歩んでいってほしいです。
 
 

ネットで仕事すればどこでも仕事ができる

 


ここ10年でインターネット社会は急激な発展を遂げ、今ではなくてはならないものになりましたが、これからは今以上にパソコンで仕事をすることが増えるでしょう。

だからあなたには、パソコンを使って出来る仕事を見つけ、例えばプログラミングや、デザイン、ブログでもいいでしょう。

将来、好きな時に好きな場所でパソコン1台で仕事ができるようになって欲しいと思います。

 

若いうちに海外に行こう

 
街を歩けば必ずと言ってもいいほど外国人を見かける機会がありますが、これからはグローバリズムで日本人だけを相手に商売していては、事業が成り立ちません。

若いあなたには、早いうちに留学や、ワーホリ、短期旅行でもいいでしょう。
 
 

 
 海外を自分の目で見て、体感し、経験して、日本だけではなく、世界は多くの人種や人々で成り立っているということを肌で感じ取って欲しいのです。

お金がなくてもワーキングホリデーといって、海外で働けるビザを取れる制度もありますし、LCCの発達で10万円もあれば東南アジアなら航空券を含んでも1か月は暮らせるでしょう。

これからの時代は日本だけではなく、世界中を股にかけ活躍していってほしいと願っています。
 

まとめ

 

これからの時代で生き抜いていくためには、周りに流されて何となく生きるのではなく、自分で夢や目標を持ち、自分の意志で物事を決めて、やり抜いていく力が求められます。

 

ぜひ若者には、人生で好きなことを見つけ、それに向かって毎日取り組んでいってほしいと願っています。