yasuの日本脱出計画

日本でせこせこ生きながら、海外移住を目指します。

家を借りる場合の初期費用の節約方法

今回は一人暮らしをしたい、または海外から帰ってきたけど、初期費用もないしどうやって家を借りよう?と悩んでいる人に向けての記事です。

 

1 シェアハウスに住む
 

f:id:yasu843:20180909065159j:plain

 
近年シェアハウスの需要が高まってきていて、家を借りたいんだけど保証人がいないとか、初期費用がない、お金がもったいないといった人には、シェアハウスがおすすめです。
 
東京を中心とした首都圏には、すべての駅にシェアハウスがあるといっても過言ではないくらいに増加しています。
 
シェアハウスといっても一軒家を数人でシェアする方法や寮タイプの各部屋にキッチン、バストイレ付や、ドミトリーといって1部屋に2段ベッドが複数あり、数人で1部屋をシェアするものまでさまざまあります。
 
シェアハウスの魅力は何といっても国際交流ができることではないでしょうか!
初期費用が安いのと同時に、審査もゆるく基本的には誰でもお金を払えば住むことができます。そのため部屋を借りるのに難しい外国人に人気で、東京都内の物件では、必ずと言ってもいいほど外国人が1人はいます。
 
 
気になる初期費用は保証金1~3万円と、最初の月の家賃だけです。もちろん布団やテレビ、食器や調理器具はありますから、買う必要はありません。それなら10万円もあれば誰でも入居可能なのです。
 
少しおススメをあげていきたいと思います。
 
オークハウスは首都圏内に6000室以上もある最大手です。
部屋はドミトリーからワンルームのアパートまで幅広いです。
あと、外国人の比率とか、ホームパーティの開催頻度が載っておりますので、国際交流をしたい人は参考までにどうぞ。
 

www.oakhouse.jp

 

ここは女性専用物件を多数扱っています。

シェアハウスに住みたいけど、男性と一緒はちょっと…という方におススメです。

 

www.hituji.jp

 

 
2 思い切ってホテルに住んでみる
 
ぼくも一時期はホテル暮らし(といっても1か月7万円台の3畳間)をしていまして、そこをご紹介したいと思います。
 
JR南千住駅の近くには山谷という昔の日雇い労働者(関西の人は西成、あいりん地区)の住処があり宿泊費もほかの半分くらいと安いです。
 
しかし今は、小汚い労働者の数は年々減り外国人のバックパッカーのほうがやたらと目につくようになりました。
 
部屋はシングル独房の3畳間が中心で、あとは近年ドミトリーが増えつつあります。
 
シングルで1泊3000円台からなので、予算の節約したいサラリーマンや、外国人旅行者に人気です。
 
月極で宿泊できるとこを紹介していきます。
 

【公式】ホテルヒカリ

 

ここは僕が実際に2か月住んでいたホテル。

毎日銭湯入り放題、朝のコーヒーサービスや、コインランドリーも敷地内にあります。

部屋の清掃は週1回だけど狭いので、いつも自分でやってました。

住んでいる方は同じく月単位で生活している人や、出張のサラリーマンの方が多かった印象です。旅行者はあまり見ませんでした。

 

次のところは2回宿泊したことがあり、内装がとてもきれいです。

 

www.accela.co.jp

 
ここは1番のおすすめです。
 
 
いかがでしたか?東京に住んでみたいけどお金がない方、漫画喫茶に毎晩泊まってるけど、そろそろ限界が来たあなた、旅行でも個室でゆっくりしたい方など一度泊まってみてはどうでしょうか?