yasuの日本脱出計画

日本でせこせこ生きながら、海外移住を目指します。

1日1日を無駄にしない為に

今回は夢や目標の叶え方について書いていきます。

 

f:id:yasu843:20180903121722j:plain

 

 

人間はだれにでも夢や目標がある

 

誰でも子供の頃、テレビでヒーローを見て、将来こういう大人になりたいとか、大きくなったらこういう仕事をしたいといったことは、だれにでも経験があると思います。

 

スポーツ選手になりたいから、明日から朝早く起きてランニングする、医者になりたいからいつもは遊んでいた時間を勉強にあてるということも、やったでしょう!

 

しかし、それは1週間続けばいいほうで、だいたい3日くらいでめんどくさくなってやめてしまっていると思います。

やらない理由を作るのは簡単です。(今日は雨だから、友達に誘われたから、ちょっと体調が悪いから、明日休みだから明日やるなど)やらない理由はみつけてもやらなければならない理由もないんですよ!

 

世の中は妥協の人生である
 
今の世の中で、仕事が楽しくて朝起きるのが待ち遠しいという人は何割くらいでしょうか?子供の頃は明日は遠足だとか、運動会、野球の試合、好きな女の子と話す機会があるなどどいったことで、朝起きるのが楽しみで仕方がなかった経験はありませんか?
 
そうです!子供の頃は楽しい出来事は社会が勝手に作ってくれます。子供はまだ楽しい出来事の経験がないので、学校で体験させてあげている。しかし、それを提供している大人たちは、子供の頃に楽しい出来事の作り方を教わってきたのに、なぜ自分で作り出そうとしないんでしょうか?
 
それは妥協が招いた人生だからです。
今の日本社会は、今日頑張らなくてもなんとなく明日、1週間後、1か月後、1年後、10年後と生きていくことは可能です。
でもそれは自分の力で生きているのではなく、何となく社会に流されているのであって、人工呼吸器をつけた植物人間と何ら変わりはありません。
毎日満員電車に乗って、会社では上司の機嫌を伺って、やりたくもない仕事を無理やりやり、家に帰れば妻と娘に避けられ、それで生きていると言えますか?
それは生きているとは言えないし、奴隷と一緒で人生罰ゲームになっています。
 
自分のやりたいことをやる人生
 
自分のやりたいことをやるなんて、不可能なんでしょうか?
そんなことはありません。
でも自分のやりたいことをやって、生活していくためには人一倍の努力と時間の投資が必要です。
イチロー選手や本田選手、錦織選手などは子供の頃から将来こうなりたいという目標を立て、1日1日を大事にし、何回も失敗し、あきらめかけ、それでも毎日のやることは変わらず結果がでようが出まいが、コツコツと同じことの繰り返しをやってきたと思われます。
彼らが特別なわけではなく、ただ誰にでもできることを明日、今からやり始め途中であきらめないで、自分を信じてやり続けた結果がもたらしたものだと思います。
 
こんなことはわざわざ書かなくてもだれでも知っていることなのですが、実際に行動に移す人は1%以下だと思われます。
 
別に自分以外の人はどうでもいいので、他人がいやいや人生を送っているとか関係ないけど、楽しいほうがよくないですか?
 
 
あなたは楽しい人生と、我慢だらけの人生どっちがいいですか?
答えは自分だけが知っています。