yasuの日本脱出計画

日本でせこせこ生きながら、海外移住を目指します。

長野県でのレタス収穫の仕事

ぼくは2016年の夏に長野県でレタス収穫の住み込みの仕事をしていました。

 

日本のレタス、キャベツの名産地、群馬県の嬬恋村と長野県の川上村が有名です。

 

ぼくが行ったのは長野県のほうでした。

東京から新幹線と在来線を乗り継ぎ、最寄り駅から迎えに来てもらい、次の日から仕事が始まりました。

 

当時住んでいたのは一軒家で、もう一人の日本人と二人で生活したいました。

あと、実習生の中国人も2人いて、ぼくたちがすんでいたとことは別のプレハブに住んでいました。

 

仕事内容は、基本的にレタスまた白菜の苗植えから収穫に至るまでの、作業全般です。

この時の1日の様子を書いてみました。

 

f:id:yasu843:20180908160211j:image

 

 

 

レタスファームでの1日の生活の流れ
 
4:40  起床 10分後に出発なので顔を洗い着替えていく準備
 
5:00  仕事開始 大体朝方はレタスの契約コンテナーの収穫
 
8:30  休憩 30分の休憩の間、農家のおばさんが作ってくれた、おにぎりだとかパンとかお菓子を食べる朝食時間
 
9:00  仕事再開 日によってレタスの収穫を続けることもあれば、白菜の収穫に移る時もある
 
12:00 午前の作業終了 農協のチャイムが鳴り昼ご飯 ご飯を食べた後は14時まで昼寝
 
14:00 午後の作業開始 午後は苗植えや草刈り、草取りなどをこなす
 
16:00 午後の休憩 午前中同様にパンとかお菓子を食べる 午後は農家の人がいなくバイトだけなので、バレない程度に休憩を長くとる
 
18:00 この日の仕事終了 家に戻り農家のおばさんが作ってくれたご飯を食べる
 
19:00 リラックスタイム っていっても田舎で回りには何もないので、テレビを見たり、パソコンで映画を見たりして過ごす
 
21:00 明日の朝も早いので、自分の部屋に戻る
 
21:30 就寝
 
大体仕事がある日はこんな感じでした。
 
休みは週1回の土曜日だけで、繁忙期には土曜も午前中だけやる時もありました。
 
住んでいたところは田舎だけど、コンビニまで車で5分、スーパーまでは20分と以外にも不便は感じませんでした(車は自由に使えます)。
 
給料のほうは1日1万円程度、家賃がかからないので、まるまる貯まります。
 
ぼくがこの仕事を見つけた求人サイトは、あぐりナビで、他にもバイト探しはで有名なindeed、第一次産業ネットもあります。
 
 
今回はこれで住み込みでのレタスの収穫の紹介を終わります。