yasuの海外移住計画

チェンマイで生活費を稼ぎながら、海外移住を目指してます

フリーランスになるには【未経験でも収入は得られるけど、実際は…】

f:id:yasu843:20191113155519j:plain

こんにちは、チェンマイでノマド中のやすです。

 

今回は、フリーランスになりたいけれど、未経験で特殊な技術もないという方向けに、フリーランスの現実をお伝えしていきます。

 

結論から言うと誰にでも簡単になれます。

 

フリーランスの仕事はwebプログラミングやwebデザイナーなど、専門技術が必要だと思っている人が多い印象ですが、実際は何の技術を持っていなくても明日から誰にでもフリーランスとして活動できます。

 

ぼくは前職は寿司職人で、パソコンはインターネットで動画を見る程度にしか使っていなかったのですが、今は収入はハッキリ言ってギリギリだけど、なんとか生活していけるくらいは稼いでいます。

 

この記事は、未経験からのフリーランスになる方法と、未経験でもお金を得ることができる職業、ぼくの実際の仕事の獲得の仕方と、収入まで公開します。

 

では、解説していきます。

 

 

続きを読む

ランサーズを実際に使ってみて【3ヵ月での成果は?】

f:id:yasu843:20191110073815p:plain

こんにちは、チェンマイでノマド中のやすです。

 

今回は「ランサーズ」を3ヵ月使ってみての収益と、案件の獲得の仕方や、使ってみた正直な感想を書いていきます。

 

この記事は、

 

・ランサーズを使って副業をしたい
・フリーランスになりたいけど、ランサーズって稼げるの?
・ランサーズに登録したけど、なかなか稼げない
 
という人に読んでもらいたいです。
 
では、どうぞ。
 

ヤンゴンに行ってみた感想【物価は安いが何かと不便を感じる】

f:id:yasu843:20191105204727j:plain

こんにちは、やすです。

 

10月下旬から4泊5日で、ミャンマーのヤンゴンに行ってきました。

 

今回はヤンゴンで感じたことを、みなさまにお伝えしようと思います。

(海外歴が長いので、主観が多く入ってしまうかもしれません)

 

続きを読む

チェンマイ月5万円生活を実際にやってみた【アパート編】

f:id:yasu843:20191015144907j:plain

こんにちは、やすです。

 

今回は前回に引き続きタイのチェンマイで、月5万円で暮らすことができるかを試しており今回はアパートを借りての試みとなっています。

 

前回のドミトリー編では5万円を少しだけオーバーしてしまいましたが、果たして今回は5万円に収めることができるのでしょうか。

 

www.yasu-kaigai.com

 

では、結果を見ていきましょう。

 

続きを読む

なぜタイにはニューハーフが多いのか?【理由は人間の3大欲望につながる】

f:id:yasu843:20191025172300j:plain

こんにちは、チェンマイでノマド中のやすです。

 

タイに訪れたことのある人はわかると思うんですが、タイってやたらとニューハーフが多いですよね。

 

見た目も女性と間違うようなきれいなニューハーフから、一目で男性とわかるマツコ・デラックスみたいなニューハーフまで、さまざまな種類のニューハーフがいます。

 

中には本当に男が好き(ゲイ)でニューハーフになった人や、お金を稼ぐため、兵役の問題、女性へのあこがれなどがあげられます。

 

では、詳しく見ていきましょう。

 

続きを読む

短期海外旅行では何を持って行けばいいのか?

f:id:yasu843:20191022154216j:plain

 

こんにちは、やすです。

 

みなさんの中には日本で仕事をしていて、連休をとって韓国や台湾、東南アジア諸国に短期での旅行をする人が多いと思います。

 

荷物を出来るだけ減らしたい人も必見ですよ!

 

このブログを読めば、

 

1 短期海外旅行での必需品

2 短期海外旅行でのあれば便利なもの

3 短期海外旅行でのいらないもの

 

がわかります。

 

韓国、台湾、タイなどに短期旅行に行く方に必見です!

 

続きを読む

タイで日本よりも安いもの、高いもの

f:id:yasu843:20191021172403j:plain

 

こんにちは、チェンマイでノマド中のやすです。

 

今回はタイで日本よりも安いもの、高いものを紹介していきます。

 

タイに短期旅行はともかく、バックパッカーや長期滞在する人にとっては、物価の安さも気になりますよね?

 

一般のイメージとしてタイは、物価が安く、日本の半分以下と想像している人が多い印象ですが、実際に現地で生活してみて現状をお伝えします。

 

日本と比べて意外なものが高いですよ!

 

 

 

タイの物価は?

 

全体的にタイ人の平均月収は、15000バーツ(5万円くらい)と言われていますが、これはあくまで”平均”であって、単純労働の給料はバンコクやパタヤ、プーケットなどでは10000バーツ前後、それ以外の都市では8000バーツが平均となっています。

 

田舎(主にイサーン地方)から出稼ぎに来ている人の多くは、月給10000バーツ以下がほとんどで、中には住み込みで働いて、月に3000バーツしかもらえない郊外の工場も数多く存在します。

 

そういう所は、近隣国のラオスやミャンマーからの労働者であって、これでも自国よりは給料がいいので、タイで働いているケースがほとんどです。

 

では、肝心の物価を見ていきましょう。 

 

日本よりも安いもの

食料品

 

食料品は基本的に日本よりも安い場合が多いです。

 

特に、野菜や肉、果物といった生鮮食品は日本の半分以下の値段なので、自炊する方はその恩恵を十分に感じられるでしょう。

 

注意が必要なのは、乳製品(牛乳やチーズなど)は日本と同じかそれよりも高い場合が多く、注意が必要です。

 

もちろんビールやソフトドリンク、水なども安いです。

 

宿泊費

 

f:id:yasu843:20191021172358j:plain

 

何といっても一番安く感じるのは宿泊費です。

 

高級ホテルチェーンでも日本の半分くらい、安いドミトリーのホステルは日本の3分の1から5分の1程度、その中でも一番お得なのは、中級ホテルで、日本円で3000円くらい出せば、日本では1万円くらいのホテルに泊まりれることが多く、とくにバンコク以外の地方では、お得感が増します。

 

気を付けてほしいのは、最近はホテルはネット予約が主流で、直接ホテルに行き飛び込みで部屋を探すのは、金額的にはネット予約より高いことが多いので、できればネットで予約してから、現地に行きましょう。

(さらにクレカのポイントだったり、宿泊サイトのポイントが貯まるので、お得)

 

1ヵ月以上滞在する場合には、アパートを借りたほうが(タイでは身分証明書と前家賃、家賃1~3ヵ月分のデポジットがあれば誰でも借りられる)長い目で見ればお得です。

 

気を付けてほしいのは、マンスリー契約の場合は電気代を自分で払わなければいけなく、毎日エアコンをつけっぱなしにした場合、月に3000バーツを超えるので、頭に入れておきましょう。

 
交通費

 

f:id:yasu843:20190927153406j:plain

 

交通費もとにかく安いです。

 

とくにタクシーは20年くらい値上げ幅が緩く、食料品の値上げが2倍なのに対して、タクシー代は1,2倍くらいなので、安さを存分に感じます。

 

他にも、バスやバイクタクシーも安いけど、トゥクトゥクはメーターがついて無く交渉制でしかも、タクシーよりも高いことがほとんどなので、初めてのタイで乗ってみるのはいいですが、日常使いには向いてません。

 

その他

 

他にも、服や雑貨、日用品、スマホ代なども安いです。

 

日本と比べて高いもの

日本食

 

f:id:yasu843:20191021172305j:plain

f:id:yasu843:20191021172321j:plain

f:id:yasu843:20191021172334j:plain

 

日本食はハッキリ言って日本よりも高いと思います。

 

タイではエアコンのきいたレストランでは、サービス料10%、VAT7%という税金がかかるので(日本料理やイタリア料理の外国料理だけでなく、タイ料理も)、ただでさえ日本よりも高いのに、さらに税金が17パーセントかかります。

 

VATの7%は短期旅行者なら、空港で還元できるので、高価なものやお土産をたくさん買った場合には、一緒に還元してもらいましょう。

 

スーパーで売っている日本食品も高く(現地生産の豆腐や納豆は安い)、タイで日本食を自炊しようとしている人は注意が必要です。

 

レストラン

 

先ほども紹介しましたが、エアコンのきいているレストランでは税金が17%かかるので、節約派の人はエアコンの無い食堂や、ショッピングモールやスーパーのフードコートで食事をするようにしましょう。

 

バンコクやパタヤのフードコートでは、タイ料理だけではなく、日本食(おいしいかは評価が分かれる)や韓国料理、西洋料理など世界各国の料理が手軽に味わうことが出来ます。

 

特にフードコートはエアコンも効いているので、快適そのものです。

 

カフェ

 

f:id:yasu843:20190927153501j:plain

 

タイ人向けの移動式の屋台のコーヒーや、甘ったるいアイスコーヒーは安いのですが、カフェに入りカプチーノや、フラッペを頼むと、日本と同じくらいか、それ以上の値段がします。

 

例えば、夕食は屋台で食べて50バーツでも、スタバでコーヒーが130バーツかかるので、節約したい人はローカルコーヒーか、インスタントコーヒーで我慢しましょう。

(中には安いカフェもあって、50バーツから飲める)

 

その他

 

他にも、日本製の化粧品や日焼止め、乳製品やワインなど、タイ人が日常的に食べる習慣がない食品は高い傾向にあります(タイではチーズを作ってるのかな?)。

 

あと、外国人が集まるバーや、日本語のメニューがあるところなども、料理は同じでも値段は割増傾向にあるので、気を付けましょう。

 

バンコク以外でも、パタヤ、プーケット、サムイ島、クラビーなど、バックパッカーが多く訪れるビーチも物価が高いです。

 

 

まとめ

 

タイの物価について紹介しました。

 

平均的な生活費は、バックパッカーレベルで月5万円、アパートを借りで現地でタイ語学校に通う場合は7万円、毎日日本食を食べて、ホテルに泊まれば30万円くらいでしょうか。

 

なおタイはお金があればいくらでも使える環境なので、使い過ぎには十分に注意しましょう。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

成功の秘訣とは?

f:id:yasu843:20191019123253j:plain

こんにちは、やすです。

 

今回は昔からよく言われている言葉「継続は力なり」という言葉について解説していきます。

 

何事も成功するには長く続けることがいいと分かっていても、人間っていうのはなかなか続けられないんですよね。

 

成功者のほとんどは辛抱して長く続けてきたのであって、その間に何人もの脱落者がいます。

 

成功する秘訣は長く続け、あきらめないことが大切だと分かりますね。

 

では、解説していきます。

 

 

続きを読む

海外での体調管理について

f:id:yasu843:20191018160212j:plain

こんにちは、やすです。

 

今回は海外での体調管理の仕方について解説していきます。

 

日本では仕事が忙しくてなかなか休息できなくても、子供の頃から食べなれている「日本食」があるので、なんとか踏ん張れますが、海外では野菜がなかなか取れない環境だったり、注文の仕方が分からなかったり、どこのに行けば栄養のあるものを食べられるか分からないことだってあります。

 

そこで、ぼくが海外で実践している体調管理の仕方をお伝えします。

 

続きを読む

チェンマイのショッピングセンターまとめ

f:id:yasu843:20191015144950j:plain

こんにちは、チェンマイでノマド中のやすです。

 

今回はチェンマイのショッピングセンターを紹介していきます。

 

チェンマイにもおしゃれなショッピングモールや、便利な巨大スーパーはありますが、残念ながら中心地にはなく、少し外れた郊外にあるのがほとんどです。

 

でも、最近運行し始めた「スマートバス」を使えば、20バーツで近くまたは入り口の目の前に行けるものもあるので、あわせて紹介していきます。

 

では、どうぞ。

 

続きを読む